【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】生活保護基準の見直し #01
2015年09月30日 (水) | 編集 |
2014年に財務省が生活保護の基準の見直しを要請しました。
財務省が厚生労働省に要請する内容の柱は
 ・住宅扶助
 ・医療扶助
の二つの基準の見直しです。
これによる影響は色々出ているようですが……。

住宅扶助については、現在の基準は生活保護制度が適用されていない低所得世帯の家賃と比べて2割程度高く設定されていたようですから、これは不公平と言われれば反論はしにくいでしょう。
生活保護制度の趣旨は「生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長すること」です。【注①】
制度上、生活保護制度が適用されていない低所得世帯が、「健康で文化的な最低限度の生活を保障」されているラインを越えているとするとなることを考えると、そのラインを限度額とするのは間違った線引きではありません。
そうでなければ、生活保護制度が適用されていない低所得世帯には、過分の負担を求めていることになります。

 (続く)



【注①】
 ※参考:生活保護制度の趣旨(厚生労働省HP)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記