【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】維新の党のお家騒動 #05
2015年09月09日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

大阪都構想の否決後にこんなことを書きました。

そこに大きな違和感を感じます。
(中略)
今回の住民投票は、各党から候補を選ぶのはなく、賛成か反対の二者択一。
となると少数意見の潰し合いはありません。
そして自民党から共産党まで「反対!」と言っている中、橋下氏も維新も人気が上がっている状態ではないのですから、住民投票に勝つのは難しい情勢だったと思います。

それで住民投票に打って出たのは……どうなのでしょう?
何か他に狙いがあったのか?と思ってしまいます。


勝てないだろうと分かっていて(橋下氏の能力であれば分からないはずはないと思います)実施した住民投票。
その後、少し表舞台から離れていたと思っていると発生した『維新の党』のお家騒動、そして橋下徹最高顧問(大阪市長)と松井一郎顧問(大阪府知事)の離党……。
小泉元首相の頃に劇場型政治」という言葉が使われていました(小泉劇場と言われたり……)が、大阪都構想を本格的に走らせ始めた辺りから、橋下氏の政治手法は本当に「劇場型」だったように思います。
そうなると……現在、二の矢・三の矢を放っていますが、次の仕掛けも考えているのだろうと思います。

橋下氏が掲げていたことの中に「統治システムの改革」があります。
この理念を下げてはいません。
と言うことは何らかの作戦を講じているだろうと思います。
自分は表舞台から下がって、誰かを表に立てて……ということなのかもしれませんが、それでは影響力が小さくなります(フラッグシップが隠れていては、大きな支持が集まるとは思えませんから)。

橋下徹最高顧問(大阪市長)と松井一郎顧問(大阪府知事)の『維新の党』からの離党。
大阪維新の会の地方政党からの脱却。
次は何を仕掛けようとしているのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記