【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Diary】どうして……
2015年09月15日 (火) | 編集 |
どうしてこんなことになってしまったのだろう?まずそう思いました。
千葉県で発生した紀州犬(ミリオンという名前だそうです)に13発発砲し射殺した件ですが、ニュースを見ていて驚きました。
ミリオン君は、7歳で体長約120cm、体重約21kg。
マーフィーよりも大きいことを考えると、人間の力で抑え込むのは難しかっただろうと思います。
そのミリオン君が女性を噛み、その後に飼い主の男性を襲ったとのことです。
そして警察官によって射殺されました。

警察官が悪いわけではありません。
人間社会の秩序を守るのが仕事なのですから、その行動に間違いはありません。
問題があるとすれば、飼い主でしょう。
ミリオン君は普段から家族にかみつくなどしていたとのことですから、そうであれば敷地内から出ないような工夫が必要だったと思います。
おとなしいコであり、大きな音等のストレスが加わらなければ別ですが、そうでないのであれば首輪とリードでは抜けて(逃げて)しまう可能性は高い……それは犬と同居するのであれば理解しておかなければならないことだと思います。
人間の目で確認している間であれば、早い対応もでき、こんなことにならなかったでしょうが……。

また7歳であれば、もう教育(しつけ)も終わっていて良い年齢です。
人間と一緒に、人間社会の中で暮らすのですから、飼い主はキチンと教育しておかなければなりません。
それは自覚しておかなければならないことですし、それができないならば家の中で飼う等で自由に人と触れることができない環境を作っておくべきでしょう。

私が良い飼い主だとは思いませんが、マーフィーを迎える時にとか「何かあったらマーフィーにも相手にも悪いので、基本的に家の中で」と思いましたし、「思い付くことはしよう」とか……色々考えました。
それはコウメやセンを迎える時も同じで、家の中は段々と人間にとって使いにくい状況になっています。
でも……それがワンコやニャンコと暮らすということなのだと思います。
それでもRISKはゼロにはなりませんから、彼らの行動を見ながら色々と考えることがたくさんあります。

私は元々猫派で、犬と同居するとは思っていませんでした。
でもマーフィーと同居してみて分かったのは、犬という動物はあまり無茶をしない生き物だということでした。
大きな音に驚いたり、急に何かが飛び出してきたり……そういうことがあると急に動きが変わることがありますが、そうでない場合には無茶をしないのだと思います。
これは「マーフィーが……」というわけではなく、周りにいる多くのワンコさんたちを見ても同じです。
ですから「そこまで凶暴化したのは、なぜ?」という疑問が頭から離れません。
あまり良い環境に置いてもらえなかったという報道がありましたから、ストレスが溜まっていたのかもしれません。

インターネット上では、射殺の是非についての意見がいくつかありました。
私は……ですが、警察を呼んでしまった以上、仕方がない結果なのだと思います。
住民の安全を守ることも警察の仕事ですし、現場で逃がして被害が拡大したら……と考えると、そうするしかなかったのだろうと思います。
13発は撃ちすぎという話もありますが、あくまでも13発は発射された数です。
動く相手に中てるのは難しいことですし、順番に撃っていたわけでもないのでしょうし……。
そう考えると警察の対応は責められるようなことではないように思います。
願わくば、ミリオン君があまり苦しみや痛みを感じないで旅立っていてくれれば……と思います。

まだまだ生きられたはずの命。
違う飼い主と出会っていたら……と思うと残念でなりません。
ケガをされた方の早い回復を祈ると共に、ミリオン君のご冥福をお祈りします。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記