【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】子供の声 #02
2015年10月16日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

確かに今の世の中、日中に静かな環境を求めたいという話は多いでしょう。
何と言っても夜中まで電気が点き、人々が社会的な活動を止めていないのですから……。
そうなると深夜でも働いている人はいます。
そういう方々からすれば、自分が眠りたい時間に大きな声が聞こえると睡眠を妨げられる!と思われるのは分かります。
ただ……そうであれば防音性の高いところに住居を移すか、住居の防音性を高めるか……ということを考えるのが先だと思います。
あくまでも「職業選択の自由」なのであって、その自由を支えるために必要なことは個人で請け負うべきなのですから。

そもそも自由は、優しくありません。
それを維持するための様々な条件は、自分で何とかすることを責任として背負うことがセットになっています。
ここが忘れられている結果、クレーマーの増大になっているのだと思いますし、それが高コスト社会になっているのだと思います。

とりあえず……子供の声がうるさいと言う人も、かつては子供だったわけですし、その頃は今よりも住宅の構造が良くなかったのですから、今よりも賑やかかったのだろうと思います。
そういう時期を過ごしてきて、今は「うるさい」というのもどうか?と思うのですが……。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記