【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【組織】新国立競技場整備計画の白紙撤回について #01
2015年09月28日 (月) | 編集 |
新国立の整備計画の白紙撤回について、検証委員会が報告書をまとめたようです。
あまり真新しい視点がないのが残念なところですが……。
逆に言えば、既存の問題への対応を考えないまま、大プロジェクトを進める組織を作ってしまうという無能さをどうにも出来なかったということが浮き彫りになり、そのよぅな組織が指揮を執っているということが早い時期に分かって良かったのかもしれません。
東京オリンピックの問題については、新国立の整備計画だけでなくエンブレム問題も同じような感じだろうと思います。

このような場合、組織というものを考えてみると一番悪いのは、最終的に決定した者です。
どう言い訳をしても最終的に決定した者が責任を負わなければなりません。
また、このような決定は段階を踏みながら決定に近づいていきますから、その各段階の決定者についても同様に責任があります。
それが決定という権限を与えられた者が抱える責任です。
しかし……。

結局のところどういうことだったのか?と考えると
 ・頭(指揮官)になりたい(威張りたい・目立ちたい)人がたくさんいること
 ・頭になれる能力がある人がいないこと
 ・責任を取るという前提で仕事を引き受けていないこと
という三つのマイナス要素が大きく作用してしまったということだろうと思います。
これらの話については、以前も触れたりしています【注①】が、あまりにも無責任すぎる……というのが今回の件で感じたことです。
まあ……所謂「頭でっかち」が多すぎるということなのですが……。

 (続く)

 



【注①】
※この手の話は、アチコチで書いていたりしますが、カテゴリとしてはこの辺りに書いていることが多いです。
 ※カテゴリ:組織
 ※カテゴリ:Risk Management

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記