【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Books】本棚
2015年10月18日 (日) | 編集 |
小屋裏収納を拡張したという話をすると、小屋裏収納が書庫だと知っている知人から「どれだけ本があるのか?」と聞かれます。
答えは……分かりません……。
本が小屋裏収納だけでなく、書斎にもありますから、かなりの冊数になっていることは確かですが……。

で……家を建てる時にもだったのですが、今回も残った木材をカットして残していただきました。

 book@201510180001.jpg

箱から出すとこんな感じの木材です。
これをありったけ作っていただきました。

 book@201510180002.jpg

これをどうするのか?と言うと、こんな感じで使います。

 book@201510180003.jpg

カラーボックスの奥に置きます。
そして本を置くとこんな感じになります。

 book@201510180004.jpg

大抵の本は、カラーボックスの奥行きの半分程度ですから、空間がもったいない。
でも普通に前後2列に本を置くと、奥に何があるのか?が分かりにくい。
となると置くの列が1段高くなっていると、これらの問題を解決することができます。

学生時代は木材を買ったり、綺麗にカットする手間を掛けれなかったので、新聞紙を畳んで同じような形状のものを作っていました。

今回ありがたかったのは、そんな話を大工さんにしてカットしていただいたのですが、大工さんが実際にカラーボックスを計って規格が何種類かあることを知り、各々の長さのものを作ってくださったことです。
規格が何種類かあることは知っていたのですが、面倒だろうと思い(そうでなくても余計な仕事ですから)、一番短いものでお願いしていました(そうしておけば使えないということはありませんから……)。
その上で「倉庫に捨てるような木材があるので、それを切って持ってくる」と言って下さり、かなりの数の木材を確保することができました。
すごくありがたかったです。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記