【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Risk Management】IARCが公表した「赤身肉と加工肉の摂取と癌の関連を評価した報告」について #02
2015年11月02日 (月) | 編集 |
前回の続きです。

食に限った話ではありませんが、毒性について考える時に必ず頭に置いておかなければならないのが閾値という問題です。
どれだけの量を摂取するとマイナスの現象が発生する可能性が高くなるのか?という話で、通常は閾値未満であればマイナスの現象は発生しません(個体差の問題はありますが)。
日本における閾値の設定は、かなり厳しく、その設定値の数倍の量を摂取しても問題がないとされています(個体差を考えて)。

話を「赤身肉」や「加工肉」に戻しますが、この報告に対して国立がん研究センターは「日本人の平均的な摂取の範囲であれば影響はないか、あっても小さい」という見解を公表しました。
要するに欧米ほど食していないということであり、閾値に達していないということのようです。
とりあえず「閾値」を考えること、マイナスの現象が発生するのは可能性であることは忘れないように……と思います。

 Risk Management(S)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記