【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】選択的夫婦別姓について #01
2015年11月06日 (金) | 編集 |
先日、民法の再婚までの期間を定めた規定について書きましたが、選択的夫婦別姓についての裁判も起きているようです。
こちらの問題は、色々な思いがあるでしょうから、どこに向かうべきか?は難しい話だろうと思います。

さて選択的夫婦別姓の話をすると、よく「外国では……」という話が出ますが、そもそも家族観や社会観、歴史、風習、倫理……それらが違っているのですから、単純に比較するべきことではないと思います。
それは「北欧の社会福祉制度は……」と言っているのと同様、それが置かれている状況が違うということを無視した話に過ぎません。
言い換えれば、環境が違うという前提で参考にするのは悪くはないのかもしれませんが、議論のテーブルに載せるべきものではないように思います。

そもそもで言えば、日本ではファミリーネーム(姓)で呼び合うことが多いのですが、外国ではどうか?
ファーストネーム(名)で呼び合うことが多い環境であれば、普段の生活の中で今ほどの違和感は発生しないのだろうと思います。
またそのような環境(状況)は「個」が責任を持つ社会(そのような制度の社会)だからできることであり、そのような方向に向かうのであれば何度も書きますが「公と個と私」の切り分けをハッキリさせなければなりません。
しかし現状は「個」と「私」がグチャグチャな状態です。
原因は……多分、整理すべきコトを放置してきた結果だと思います。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記