【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】空き家についての条例 #06
2015年12月01日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

そんな空き家ですが、観光地にあったりすると問題が複雑化します。
近年、古い町並みを残そうという動きが出ていますが、老朽化するような家は古くからある家もあり、解体してしまうのは勿体ないものです。
特に100年を越えたような家は、今とは間取りも建築方法も違います。
それらは文化の移り変わりを感じることができますし、生活の知恵を知ることができます。

高度経済成長以降の文化は、どうも「古くなったら壊す」という発想が強いように思います。
しかし日本の文化は、「手入れをする」ことが基本にあります。
使い捨てではなく、手入れをしながら……部品を取り替えながら使っていく、それが「もったいない」に繋がっています。
日本建築の良さは、古くなった(悪くなった)部分を修繕して、使い続けることができることです。

そうやって残されてきたものを今の発想で壊してしまっても良いものなのかどうか???
特に古い町並みを残しているところで、同じように考えても良いのかどうか???
それぐらいであれば、他の手法を考えるべきではないか?と思います。

古くなったら壊せばよい、そんな考え方はどうなのか???と思います。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記