【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】東京オリンピックの開催について #01
2016年01月21日 (木) | 編集 |
最初に書いておきますが、東京でオリンピックが開催されることに反対!と言いたいわけではありません。
勢いで……ではなく、色々な要素をキチンとテーブルに載せて考えるべきであり、そうしないとロス(無駄)が大きくなるだろうと言いたいだけですから。



さて……東京オリンピックに向かって考えるべきコトはたくさんあります。
大きな問題となった競技場については、国際基準をクリアできるようなものを準備しておかなければなりません。
当然ですが、東京でオリンピックが開催されると多くの人が海外から日本にやってきます。
やってくるだけでなく、当然ですが食べたり飲んだり泊まったり遊んだり……その経済効果は大きなものです。
ただオリンピック開催の条件を満たした施設の準備に必要となる費用も小さくはありません。
競技場の建設については、先般、大きな問題となりました。
外観に費用が掛かりすぎる……総括してしまうとそういうことなのだと思います。

競技場を考える時、競技で最も必要なるのは、他でもない「性能」に尽きます。
どこかの大会のように風が発生する等で競技に支障が出るような設計になっていては、そもそも国際大会を開催する資格があるのかどうか?ということになってしまいます。
したがって第一に考えるべきは、施設の性能であり、その性能が開催される競技に適しているのかどうか?ということです。
ですから外観に掛ける費用はそれほど大きくなくて良いように思います。

しかしながら当然、フラッグシップ的なものは必要になるでしょう。
それを造っておけば、後々まで観光で使うことができます。
その意味では、外観にお金を掛けることでフラッグシップ的な役割を持たせるのであれば、それなりの経済効果は発生します。
これに人間の往来とそれに伴う活動を考えるとオリンピック誘致は大きな経済効果が期待できます。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記