【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】地方創成と省庁移転
2016年01月16日 (土) | 編集 |
地方創成という言葉を聞いて、どれぐらいになるのでしょう?
なかなか進まない地方創成ですが、その状況で消費者庁を徳島県内に移設する話が出ているようです。
また文化庁も移転の候補に挙がっているようです(京都が誘致しているようです)。
この方向に間違いはないと思いますが、「その程度?」と思ってしまいます。
前にどこかで書いたのかもしれませんが、本気で地方創成を考えるなら、主要な省庁を地方にバラバラに移転させてしまうのが一番早い方法だろうと思います。
そうすれば人が動きますし、人が動けばお金も動きます。
霞が関のような地価の高い場所に置いておかなくても、安い場所に移してしまえば良いわけです。

これは大災害の対応のために東京に省庁を置いて、そのバックアップ機能を……というのではなく、完全に本庁を日本全国に散らせてしまうということです。
政府はICTの活用を推進しようとしていますから、そうであれば各省庁をバラバラに(例えば総務省は北海道、財務省は九州、厚生労働省は関西、法務省は中部……等)して、その見本を見せるべきだと思います。
その間は、ネットワークで結べば良いのですから。
そうすれば国会議員も東京にベッタリ……ということも出来なくなり、地方都市の状況が分かるようになるでしょうし……。

言い換えれば東京に全ての省庁が集まっているのがそもそもの問題なのだろうと思います。
それが地方に散れば、ICTネットワークも今より良くなるでしょうし、人が動くための交通網も整理されるでしょう。
それが人を動かし、お金を動かします。

省庁間の調整が難しくなるとか、国会対応が難しくなるという話もあるでしょうが、そもそもICTの活用を呼びかけているのは他でもない政府です。
ICT活用で対応できるということの見本を示すのも役目だと思います。

あれこれ効果が出るのかどうか?分からないようなことに税金を投入して「地方創成!」というぐらいであれば、この方法の方が随分と効果があると思います。
まあ……東京の方や本庁勤務の国家公務員は反対するのでしょうが……。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記