【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】空き家についての条例 #07
2016年02月23日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

古い町並みを残している地域を前提にすれば、「壊す」という発想をベースにしない条例を作るべきなのだろうと思います。
そもそも空き家が問題になるのは、手入れをしないまま放置されるためで、放置される理由の一つが経済的な問題です。
簡単に言えば、壊すにもお金が必要になる……ということです。
それでも壊して更地にすれば売れるのであれば良いのですが、これだけ経済が冷え切っているのですから、売買も簡単ではありません。
バブル期のような社会情勢であれば、「壊して売る」という選択もあったのかもしれませんが、今の情勢でそれを望むのは……。

しかも壊すと固定資産税が上がるのでは、積極的に壊そうと考える人は少ないのではないか?と思います。
それも過疎化が進んでいる地域でそれをしろ!と言うのは、暴論ではないかと……。

やはり……社会的な問題に起因すること、その結果を個人に押し付けているようにしか思えないのですが……。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記