【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【教育】学校外で行われる教育を義務教育として認めようという方向性について #04
2016年04月15日 (金) | 編集 |
この度、熊本で発生した大地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

まだ余震は続いていますし、地盤が緩んでいること、構造物が不安定になっていることを考えると、さらなる災害が発生しないことを願っています。

 maga-tama03B(L).jpg



前回の続きです。

フリースクールで受けた教育を義務教育の単位とすることは、否定すべきことではないとは思います。
しかし実施段階で
 (1)教育内容が義務教育で為されることと同レベルであること
 (2)費用負担の考え方
を整理するべきだと思います。

ただし(1)については高卒認定試験と同様の方法を採れば良いように思いますが、義務教育で為される教科全てを判断しなければならないのがネックになるでしょう。
体育や家庭科、図工……この辺りもありますから……。
これをどうクリアするのか?
これらの科目については、国語や算数(数学)を教えるのとは違って、教える段階で道具や場所が必要になります。
それなりの技能を持った者の確保も必要です。
理科についても実験をどうするのか?もありますし、それに伴う安全確保が必要ですから簡単にはいかないように思います。
それらを確保し、教えるということが義務教育上必要です(そうでないなら義務教育の課程に入りません)。
そして体育や家庭科、図工についてはどのように単位を認定するのか?を考えなければなりません。
フリースクールだったから教わっていないという状況が発生するのであれば、学校教育の代わりにはなりませんから。

(2)は私立学校と同様の手法で良いようには思います。
要するに公立とは違う費用負担を要しなければならないということです。
この辺りをキチンと整理しなければ、塾や家庭教師との違いがなくなり、制度がおかしくなっていくと思います。

何度も書きますが、フリースクールで受けた教育を義務教育の単位とすることは、否定すべきことではありません。
ただしキチンと整理しなければ、そのマイナスを実感するのはフリースクールで受けた教育を受けた者となってしまいますから注意が必要だと思います。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記