【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Risk Management】参考書
2016年03月20日 (日) | 編集 |
Risk Managementを考える時に参考になるのは???と聞かれることがあります。
その時に紹介するのが、これらの本です。
これらはRisk Managementそのものについて書かれているわけではありません。
しかしRisk Managementを考えるためには、とても勉強になります。

 Book@20160320.jpg

大きい本3冊は、
人は誰でも間違える―より安全な医療システムを目指して
 ・米国医療の質委員会 医学研究所 (著)
 ・医学ジャーナリスト協会 (訳)
医療の質―谷間を越えて21世紀システムへ
 ・米国医療の質委員会外(著)
 ・医学ジャーナリスト協会 (訳)
患者の安全を守る―医療・看護の労働環境の変革
 ・米国ナースの労働環境と患者安全委員会 医学研究所 (著)
 ・医学ジャーナリスト協会外 (訳)

タイトルだけ見ると現代医療の批判本のように思えますがそうではなく、『100%安全ではない』という前提の上に成り立つ医療を運用するための問題点を考えたものです。
色々なことが書かれていますし、そもそもアメリカという国の医療環境について考えられたものですが、
 ・現場で発生したエラーを人(個人)の問題にしていては再発防止することはできない。
 ・エラーを人(個人)の問題ではなく、システム(構造)の問題として考えなければならない。
 ・そうすることで小さなエラー(インシデント)を収拾する環境を整えることができる。
等により、大きなエラーを防ぐことができるという色々な分野に応用できることが書かれています。

医療は、医学を社会の中でどのように使っていくのか?という制度(システム)であり、医学そのものではありません。
ですから制度を運用する際には『Cost,access,quality.Pick any two【注①】』のように何らかの選択を必要とします(治療時の選択ではなく、医療体系や施設運営等の医療を提供するベースを考える際のものです)。
その中でどうすればエラーを防ぐことができるのか?
これらの本には、それらが分かりやすく書かれています。

小さい本は『ヒューマンエラーは裁けるか』という本で、医療だけでなく色々な分野で発生した事例について書かれています。
こちらも色々と考えされられます。

Risk Managementそのものの解説本を読むことも良いのかもしれませんが、これらの本の方がRisk Managementを理解するベースを作りやすいように思います。

 Risk Management(S)



【注①】
 ・医療(という制度(システム))を考える場合、
   ①医療コスト
   ②医療(機関)へのアクセス
   ③医療の質
 のうち2つまでであれば選んで良い(2つまでしか選べない)という意味。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記