【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】省庁の地方移転 #02
2016年06月14日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

地方創成を掲げるのであれば、省庁の本庁を地方に移転するのが早いだろうと思います。
そうすれば地方に人が動きます。

本庁を動かすと、そこで働いている人が移動します。
企業は、その業種によって本庁が近い場所に移ることになるでしょう。
そうなると食事や会合等で周辺に人の動きができます。
それはお金が動くということです。
こんなに効果的な地方創成はないように思います。

また東京の一等地が空き地になり、地方の使われていない土地が有効活用されます。
ここでもお金が動きます。

その上で……先に書いた国会対応等で東京行き来が発生すれば、それに必要となる交通資源を準備する必要がありますが、それでも東京の一等地を確保し続けるよりは良いだろうと思います。

地方創成に一番必要なもの(こと)は何か?と言えば、地方に人の動きを作ることです。
経済社会では、人が動けば、お金も動きます。
となると省庁の末端を動かすのではなく、権限を持った本庁を地方に移すことが必要であり、それによって人の流れを変えなければなりません。

そのような意味から省庁移転と地方創成、それはセットで考えた方が良いと思います。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記