【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】発電について #05
2016年06月28日 (火) | 編集 |

妙な誤解をされたくないので、#01で書いたことを再掲しておきます。
------------------
こんなことを言うと「原発推進派」と言われかねないのですが、(前にも書いたかもしれませんが)私は『原発は「ある」より「ない」方が望ましい』と思っています。
------------------
また#02で書いたように地球温暖化とCo2の関係も疑っていますので……。



前回の続きです。

前置きが長くなりましたが……。

さてさて……日本はエネルギー資源については超弱小国家です。
この認識を土台に、もっと真剣に考えるべきだと思います。。
歴史を紐解けば、第二次世界大戦の原因の一つがエネルギー確保でした。
昭和16年に実行されたアメリカ等による対日石油輸出の全面禁止、そのに対して日本は石油を求めて進出したことが、先の大戦の一因となっています。
さらには石油危機の発生により、社会・経済は大きな混乱と打撃を受けています。

原発反対も推進も……思考のテーブルに諸々の条件を乗せなければ、思考停止となります。
最初に答えを置いて思考すると、都合の悪い条件は思考のテーブルに載せようとしません。
危険なことは、これだろうと思います。
原発反対派も賛成派も……一度、色々な条件(数字)を引き出して、一歩引いて考えた方が良いように思います。

よく他国の例を聞きますが、社会保障の話(人口や面積等を考慮しなければならないのですが、その部分が省かれることが多いです)と同様で条件が違います。
日本ほど電化されている状況にある国がどれだけあるでしょう?
テレビ、冷蔵庫、エアコン、パソコン、携帯電話……。
水道も電力を利用していますし、下水道も同様です。
これらは生活を守るという意味で考えなければならないことですが、生命を考えると病院の数、そして医療機器の充足率も考えなければなりません。
他国との比較をする場合、これらの普及率等を考えておくべきでしょう。
これらの普及率と日本社会状況を考えると電力供給は安定的で、少し余裕があるぐらいでなければ維持できないように思います。

 (続く)



※妙な誤解をされたくないので……いう意味で、#02の冒頭に書いたものも再掲しておきます。

何人かの方(知人を含む)から「今、原発に少しでも肯定的なことを書くと袋だたきに合うかも」という忠告をいただきました。
確かにそうなのだと思います。
これは地球温暖化についても同様です。
ただ感情論を抜いて、少し考えてみたい……そう思ってキーボードに向かっています。
問題は私の知り得る(考え得る)範囲で書くということだろうと思います。
原発の話も地球温暖化の話も行き着くところはエネルギー問題です。
社会を支えると言うとピンと来ませんが、生活を支えているのがエネルギーです。
そんなことを考えながら指を動かしています。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記