【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】東京オリンピックの開催について #05
2016年07月15日 (金) | 編集 |
最初に#01の冒頭を再掲しておきます。

最初に書いておきますが、東京でオリンピックが開催されることに反対!と言いたいわけではありません。
勢いで……ではなく、色々な要素をキチンとテーブルに載せて考えるべきであり、そうしないとロス(無駄)が大きくなるだろうと言いたいだけですから。



前回の続きです。

その上でオリンピック開催時には、多くの外国人が来日します。
それは往来するだけではなく、食べたり飲んだり泊まったり遊んだり……しますから、その経済効果は大きなものです。
しかし日本における安全性の確保に大きな役割を果たしてきた精神性と同じものを持ってはいません。
当然ですが、価値観の違いは衝突に繋がります。
もちろん衝突の原因は、価値観の違いに由来するものだけではなく、そうすることで得られるプラス面が大きければ理屈は関係なく発生します。

日本ではテロ行為はあまり多くはありませんが、海外では……。
海外では飛行機以外の公共交通機関でテロ対策は取られていますが、それは飛行機とは全然レベルが違います。
やはり利便性を損なうというマイナスを考えて、結局は人海戦術がメインになっています。
もちろんゴミ箱の数を減らすとか、何かが隠れる(隠せる)空間を減らすとか、監視カメラを付けるとか、赤外線センサーを設置するとか……ということもありますが、それらには限定的な効果しか期待できません。
メインは見回りの強化しかないと思います。
そうなるとオリンピック開催中は、かなりの数の警察官や警備員が動員されることと思いますし、その前から警備は厳しくならざるをえませんので、どこかの時点からかは分かりませんが警備に要する人員は増えていきます。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記