【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】結婚についての最高裁の判断について #05
2016年07月22日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

話を戻します。

前にも書いたかもしれませんが、この手の話で将来的に色々な問題が発生するRISKがあるとすれば、そのRISKを最も背負うことになるのは夫婦ではなく子供です。
そして子供には、そのRISKを背負う理由(責任)はありません。
そのRISKを小さくしようと思えば、出生児にかならずDNA確認をして確認するような制度を作っておくしかありません。
また、その先のRISK(後になって言い掛かりのような話が出てこないとは言えませんから)まで考えれば、公的にデータ保管をしておくしかありません。
その上でDNAに影響があるような行為(医療行為の一部)をする場合には、公的機関への届出を義務化し、行為後には再度、公的にデータ保管するという制度を作ればRISKは小さくなります。

まあ……このようなデータがあれば、犯罪捜査は格段に便利になるのでしょう。
それは解決までの時間が短縮できますから、税の投入を抑えることが出来るというプラスの要素になります。
実際には海外から来日して犯罪に手を染めるということも考えられますから、入国時にDNA検査を義務付けておかなければならないでしょう(不公平ですから)が……。

これを導入すると……昨今、話題のマイナンバー制度と同様……というかマイナンバーとセットにして上手に使えば、大きく行政コストを減らすことが出来るような気がします。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記