【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【組織】compliance #05
2016年08月16日 (火) | 編集 |

(注意)
 別に法令を守らなくても良いと言いたいわけではありませんので……、あしからず……。



前回の続きです。

さてさて……#02で書いたような「手段の目的化」は、なぜ起こるのでしょう?

問題なのは、コンプライアンスというカタカナ(もしくは法令遵守という日本語)を錦の旗にしてしまうマスコミだろうと思っています。
マスコミ(報道機関)が前述したようなこと(compliance)を前提にコンプライアンスについて報道しているか?と言えば、そうは思えません。
確かに報道には決められた条件(テレビやラジオであれば時間、新聞や雑誌であれば文字数)があり、物事を単純化しなければならない面はあります。
でも単純化する弊害を考えた上で報道しているのか?と思います。

思い出されるのは、談合とかカルテルとか……そういう事案です。
話し合いで誰が請け負うかを決める、落札額も話し合いで決めるというのは普通に考えると違和感があります。
確かにcomplianceを考えれば、きちんと競争すべきでしょう。
でも……そこには「社会が、より良く動いていくため」という前提がなければなりません。
では談合によってマクロで誰が損をしたのでしょうか?
談合があることで、過当な競争を避けられますから請け負う側の業界にはメリットが発生します。
それは業界の余力となりますし、その余力があるからアル程度の金額での中小企業への下請けが可能になります。
それが各々の家庭に入るお金になっていきます。

ここから談合という行為がなくなるとどうなるのか?
想像すると分かることだと思うのですが……。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記