【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】民主党政権@能力不足
2010年09月25日 (土) | 編集 |
以前【注①】、『政権交代によって明かとなったこと……その一つが「政権を担当するには、アマチュアには無理」という事実です。(中略)政権運営は、政権運営できるだけの能力を持ったプロフェッショナルでなければ混乱するだけ……これが政権交代で国民が知った大きな現実です。』と書きました。
これが一気に出てしまったのが、中国人船長の釈放騒動です。

国内に対しては、「なぜ釈放したのか?」をキチンと説明しなければならないにも関わらず、何も説明できていません。
国外に対しては、「日本は圧力をかければ言うことをきいてもらえる」という印象を残してしまいました。
要するに「したこと」に対して「何が起きるのか?」を想定できない人たちの集まり……それが民主党政権だということです。
結局……普天間基地問題でゴタゴタし、アメリカという後ろ盾を失ったことが尾を引いているのですが……。
その根本的な原因を解決しようとしていない……いまでも何だか分からない状態になっている……日本はアメリカという後ろ盾で支えられてきた面があるのですが、それを修復しないでは国際的な地位は低下するばかりです。
こんなことは、少し考えればわかることなのですが……これがアマチュアの証明でしょう。

尖閣諸島は日本固有の領土です。
領土をキチンと守るのは、政府の仕事なのですが、それを本気で考えているとは思えない対応です。
日本固有の領土で発生した事案であれば、日本の国内法の則って対応すれば良いだけのことであり、それにアレコレ言うのであれば「内政干渉」と抗議すれば良いだけの話です。
今回の政府の対応は、そういう基本的なことを理解できていない……これは政治家として致命的な能力不足ではないか?と思います。

いずれにしろ、今回の対応のマズさは、今後の国際交渉の場に影響を及ぼすことでしょう。
これは対中国だけでなく、他の国に対しても「日本は圧力をかければ言うことをきいてもらえる」という印象を残してしまいましたから、世界的に日本の発言権は低下したと言うことになります。
「検察の判断」とは言いますが、通常、このタイミングで釈放できるわけがありませんから、政治的な介入がなければ話の辻褄が合いません。
こんなことは国民にはわからない……とバカにしているのでしょうか?
また「検察の判断」【注②】と言っても、最終的には「国の判断」でしかないわけで、最終的な責任は政府にしかありません。
特に、このような国際的な問題が絡むものについては、最初から国が関与しているのですから、今になって「地検の判断」などと口にすることは『都合が悪いことは、他人の責任』という無責任な態度でしかないわけですから、政治家としては口が裂けても言ってはいけないことです。
「責任感も能力のウチ」ですから、そういう意味でも能力不足としか言えません。

本来、この責任は重く、衆議院を解散するとか内閣総辞職するどころの話ではありません。
政治家を辞めるぐらいの重さを持つものです。
それをしてしまって……平気で会見を開くことができる【注③】のですから……。

今回の件について言えば、民主党政権は手持ちのカードを全て使い果たしてしまいました。
中国から何の譲歩も引き出さない状況で……です。
これでは、国益を損ねただけ……でしかないということになります。

国益を損ねるような人たちに、国会議員を続ける資格はあるのでしょうか?

------------------
【注①】
 ※参考:【政治】民主党政権 #03-05(政権運営@プロとアマ)
【注②】
 ※参考URL:中国人船長釈放、仙谷官房長官が政治介入を否定
【注③】
 ※参考URL:日中両国、冷静な努力を 船長釈放は検察判断と首相
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記