【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】東京オリンピックの開催について #07
2016年10月17日 (月) | 編集 |
最初に#01の冒頭を再掲しておきます。

最初に書いておきますが、東京でオリンピックが開催されることに反対!と言いたいわけではありません。
勢いで……ではなく、色々な要素をキチンとテーブルに載せて考えるべきであり、そうしないとロス(無駄)が大きくなるだろうと言いたいだけですから。



前回の続きです。

その他にも色々と問題はあります。
オリンピックが開催されると、開催地周辺では人の往来やそれに伴って食べたり飲んだり泊まったり遊んだり……でお金が大きく動きます。
それは外国から来た人によるものだけではなく、日本人も開催地周辺に集まります。
となるとオリンピック開催期間、日本の経済はどうなるのか?ということも考えなければなりません。
オリンピックを生で見ることができる機会は多くはありませんから、休暇を取って観戦に行く人は少なくないと予想されます。
日本の経済が、鎖国時のように国内メインで動いていれば影響は大きくないのかもしれませんが、世界規模で動いているとそういうわけにはいきません。
海外とオリンピック・フィーバーになっている日本国内とでは、全く雰囲気は違っています。
日帰りでオリンピック観戦をするのであれば良いのでしょうが、何日か仕事を休んで……となると話が違ってきます。
それが日本国内のアチコチで起きると経済的な影響は……。
だからと言って、「休ませない!」と言うことができれば良いのですが、現在の社会情勢ではハラスメントに当たるような話になりかねないので、なかなか難しいのだろうと思います。

オリンピック開催については、大きな経済効果があると試算されています。
しかし開催前から開催後まで考えた時に本当にプラスの経済効果になるのかどうか……正直、疑問に思います。
そもそもオリンピック開催には、多額の税金が投入されます。
それも国税も投入されるのですから、国全体にプラスの効果がなければなりませんし、開催したことによる影響(その後の施設の維持管理等を含む)も長期的に視野に入れておく必要があります。
そこにも国税が投入されるのであれば、その間も国全体にプラスの効果がなければなりませんし、そうでないなら長期的なマイナスも含めて開催時に大きなプラスを出し、将来のマイナスのために積み立てておくぐらいでなければならないと思います。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記