【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】自治会活動 #02
2016年11月16日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

そんな中で以前と同じコトをしようとするとどうなるでしょうか?
人数の確保ができないので、一人に掛かる負担が大きくなります。
そうならないように出て来れない人に対する罰則規定を作ったりすると、自治会への加入が減少してしまいます。
自治会は主に会費で運営されますから、加入者の減少は活動の制限につながります。

実際、私がアパート暮らしをしていた頃、同じアパートや隣のアパートに暮らしていた人から「疲れて夜中帰宅しても、翌早朝から自治会活動に参加しなければならず、身体がもたないから家を出た」という話を聞いたことは少なくありません(アパートは自治会に入らなくても良かったので)。

自治会活動は、もともとは一軒一軒では対応が難しいことを地域で集まって、助け合って何とかしようとしていたものです。
もっと遡れば、稲作等のように集団で行った方が良い(楽な)ことを近隣で協力し合って行っていたところに行き着くのでしょうし、そのイメージの延長上にあるものでしょう。
そのような環境を作り、維持しようとすると交流も必要ですから、飲食を伴うことを企画したりしていたのだろうと思います。
しかし……その助け合いだったものが、大きな負担になっていることがあるのが現状です。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記