【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【組織】compliance #06
2016年12月17日 (土) | 編集 |

(注意)
 別に法令を守らなくても良いと言いたいわけではありませんので……、あしからず……。


前回の続きです。

そもそも談合の是非をキチンと考えたことがあるでしょうか?

日本における談合は、業界内の達成できそうな者の中で誰がいくらで請け負うかを決めるシステムでしたし、それによって業界内で仕事を分け合う(冨の分配)システムでした。
そして、そこには発注者側との信頼関係が前提となっていました。
したがって達成できそうにもない者が「うちが!」と言っても、他者が「No!」を言っていました(そうでない例もあったでしょうが……)。
これは発注者側と業界団体との信頼関係が壊れることがRISKとして存在するからで、これがアル意味で安全装置としての役割を持っていました。
逆に言えば、談合によって決められた請け負い者は、業界内で「ここなら出来そうだろう」という前提(保険)があったということになります。

それがなくなると何が起きるでしょうか?
発注者側は一つ一つの行為に対して、全てをチェックし、安心・安全を担保する作業をしなければなりませんから色々な意味で手が掛かります。
つまりコストが増大するということです。
しかしコストは増やしたくないというのが経営側の考えですし、日本の雇用はそこまでチェックが必要という前提では考えられていませんから、手が足りなくなります。
それが残業に繋がり、支払いが大変になるとサービス残業という形態が常態化します。

もちろん値段を吊り上げるための行為を肯定することは出来ないのかもしれませんが、それを是認することで社会の中を動く財の量も増えます。
一時期、マスコミが談合を叩いていましたが、そういうところまで考えていたのかどうか……。
それを叩いた結果が現状ですから、それで社会が良くなったかどうか?を考えると、マスコミの思い込みによる暴走だった可能性があります。

(続く)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記