【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【教育】英語教育 #06
2017年02月11日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

そもそも日本語は「言語学上の孤児」と言われるぐらい独自色が強い言葉です。
それもあって日本語を母国語とする者が他の言語を学ぶ場合、日本語以外を母国語とする者が日本語を学ぶ場合の大きな障害になっているのは、事実です。
ドイツ語圏の者が英語を学ぶとか、フランス語圏の者が英語を学ぶとか……とは、全く性格を異とします。
それが理解できていないのだと思います。

英語(もしくはそれに類似する言語)と日本語では、使っている脳の部分が違います。
例えば英語(もしくはそれに類似する言語)は、脳のある部分を使って文字情報を取り込みますが、日本語では複数箇所使って文字情報を取り込みます。
仮名と漢字では、脳を使っている部位が違います。
そもそも日本語を使うということは、それだけ脳を使うことです。
それに英語を使う部位を加えることが妥当なのでしょうか?
それも幼少期に……。

個人的には、妥当だとは思えません。
少なくとも小学生の間は、そこまで脳に負担を掛けるべきではないと思います。
中学生でもどうか?と思います。
本気で英語教育を強化したいのであれば、高校生からで良いと思います。

英語教育を強化したいと思っている人に聞きたいのは、「どれだけ英語にコンプレックスを持っているのか?」ということです。
何度も書いていますが、あくまでも英語はコミュニケーションツールでしかありません。
要するに道具です。
その意味では車やパソコン、時計と同じようなものです。
そう考えると……「税金で行う英語教育の強化をしたい!」ということは、「税金で車やパソコンを買ってほしい!」と言っているのと何ら変わらないように思うのですが……。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記