【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】観光地 #03
2017年04月15日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

「おもてなし」は、相手があってこそ成立します。
まず来てもらわなければ、「おもてなし」は成立しません。
その意味では、来てもらえる何かをシッカリ造(作)ることが第一です。

問題は……どこかで見たようなもの、感じたようなことを売りにしていることが多いということです。
多分、どこかの成功事例を持ってきて切り貼りした結果なのでしょうが、これが個性をなくしてしまっています。
観光は、お金と時間を使ってすることです。
それが頭にあるのかどうか……。
言い換えれば、観光地として成功するには『お金と時間を使っても来たい』と思ってもらえないとダメということです。

そのためには、シッカリとした差別化が必要です。
「ここを売りにしたい!」とか「ここが他とは違う!」と言っても、それを感じることができるのが内輪では何の意味もありません。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記