【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道】柔道連盟から送られてきた冊子 #06
2017年05月10日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

話を戻しますが、その子供たちを大会に出すようになったのは、知り合いを増やすため……です。
私立を別にすると小学校は、学区がありますから近隣の子供たちと一緒に勉強します。
しかも6年間という期間がありますから、割合と仲良くなれる人数は多いと考えられます。
その環境から中学校になると知らない人が増えます。
そこで環境に慣れることができないとイジメの対象になったり、引きこもりになったり……という可能性が出てきます。
高校になると学区という考え方がなくなりますから、一層、知らない人と触れ合う機会が増えます。
そんな時に「どこかで見た(会った)人がいる」と気分が違ってきます。
大会に出している最大の目的は、これです。
要するに「友達作り」のため……ということです。

ですから大会の前に「勝ってこい!」とか「負けるな!」と言ったことはありません。
大会前に子供たちに言うことは、
 ・ケガをしないこと
 ・キチンと挨拶をすること
 ・普段してきた技を使ってみること
 ・友達を作ること
等です。

 (続く)

 judo@20160726.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記