【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】自治会活動 #05
2017年05月17日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

とにかく一人一人が持っている時間は限りがあります。
その中で仕事と家庭、そして趣味、休息の時間を作ります。
現状では、仕事のウェイトが大きく、他の3つの要素に時間を費やせない人は多いと思います。
そこに自治会活動を割り込ませる余裕があるのかどうか?

「昔は……」という話をする方もいますが、時代は変わってしまっています。
仕事の質も量も違います。
育った環境も違いますし、周りにあるもの(こと)の種類も増えています。
それを「昔」と一緒にするのはどうだろう?と思います。

私の祖父が生きていた頃、時々近所の公園の草抜きをしていました。
「若い者は仕事で時間がないから、時間がある者がすれば良い」と言っていたことを覚えています。
これを集団でするのが、善意の活動であり、自治会の基本的な考え方です。
仕事を休まなければ参加できない人に対しても強制性を働かせたり、参加しなければペナルティを与えたりするのは、おかしな考え方です。
もう少し考え方の整理をするべきだと思います。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記