【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【etc】三原色 #02
2017年05月24日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

面白いのは後者で、頭が混乱するのですが……。
そもそも色は、目が光を捉えて認識します。
印刷物の色も同様で、光を印刷物が反射して、その反射したものを目がどう捉えるのか?によって、人間は色を認識します。
光と色の三原色が異なるのは、「反射」ということが加わるかどうか?によります。
色の三原色では、光の三原色のいずれかの光(色)を遮る(反射させない、吸収してしまう)ことで、色を作り出します。
例えばイエローですが、これは透明な光が当たった場合にブルーの光を吸収してしまう色であり、その効果によってイエローに見えるというものです。
逆の言い方をすると光が当たった時にブルーの光を反射させない色ということであり、その色がイエローに見えているとも言えます。
このことから光から何れかの色を引き算するということで、この考え方で色を作ることを「減法混合」とか「減法混色」と言います。
これに対して光の三原色によって色を作ることは、「加法混合」とか「加法混色」と言います。

前述しましたが、人間の目が認識するのはRGBレッドグリーンブルー光の三原色によります。
それを人間が、絵画や印刷物を見る時には、MYCマゼンダイエローシアンRGBレッドグリーンブルーに変換して認識します。
同じデータを使ってもプリンタによって印刷物の色が変わってしまうのは、この変換能力の差なのでしょう。
まあ……この差も機械だけの話ではなく、同じ印刷物を私が見る場合と他者が見る場合で同じように認識しているという保証はどこにもありませんが……。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記