【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】UIJターン #04
2017年12月06日 (水) | 編集 |
#01の最後を再掲します。

実際にはマイナス面だけではないのですが、移住してしまうとそのようなマイナス面と付き合い続けなければならなくなります。
「UIJターン」のプラス面は、色々と報道でも出てきますが、実際にはマイナス面もたくさんあります。
移住を考えられる場合には、そのようなことを色々と考えておかなければならないでしょうし、どこに移住するか?の選択も色々な要素を勘案して決めなければならないでしょう。



前回の続きです。

生活スタイルと言えば、コンビニの存在も変わります。
歩いていける距離にどれだけコンビニがあるか?
コンビニに限らず、事業者(店舗)がどれだけあるか?
それも変わります。
それを考えて買い置きをすれば、不要なままで使われないものが出てきますし、食物であれば廃棄しなければならなくなります。
それは勿論コストです。

それらのコストの多くは、一時的なものではありません。
生活する間、掛かり続けます。
要するに都市部での生活とは違ったコストが、掛かり続けることが前提になるということを考えておかなければならないということです。

買い物の話をすると出てくるのが、「今は通信販売で何でも手に入るし、無料配達だし……」という話です。
ただし、これもいつまで続くのか?分かりません。
実際、運輸業ではドライバー不足が加速しています。
その理由の一つが、不在であることが増えていることです。
これは主に日中、家を空けている(仕事に行っている)現役世代の問題なのでしょうが、不在があった場合には配達のために同じ家に対して複数回移動しなければなりません。
それによる人手不足、そして無料配達を謳ってしまった故にコストを抑えられてしまった結果、新たなドライバー候補者が出てこないということによる人手不足……。
それでも配達は必要ですから、そうなると無料配達を考え直さなければならなくなる時が来るのではないか?と……。
そうなると配送料の考え方を考えなければならなくなります。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記