【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #04-03
2018年02月24日 (土) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。




前回の続きです。

ここまでに書いてきたことから考えると「何らかの要因」は『筋肉の過緊張』だろうと推測されます。
実際に椎間板ヘルニアの方の腰部や臀部に触れると『筋肉の過緊張』を感じることができます。
これについては「痛みに対する防御反応」と言われることがあります。
要するに動かすと痛いから、動きを制限するために過緊張状態になっているのだと……。
ただしこれは、
 ・椎間板ヘルニアの発生
  →痛みの発生
  →痺れの発生
を正しいとした場合にも成立しますが、
 ・何らかの要因
  →痛みの発生
  →痺れの発生
  →椎間板ヘルニアの発生
を正しいとした場合であっても成立します。

そうなると『筋肉の過緊張』が最終的に「痛みに対する防御反応」であったとしても、椎間板ヘルニアの発生が痛みや痺れの原因であるという理由にはなりません。
どちらかというと
 ・姿勢(バランス)の崩れ
  →筋肉の働きのアンバランス
  →バランス調整のための過緊張
  →痛みの発生
  →痺れの発生
  →椎間板ヘルニアの発生
  →防御反応としての過緊張
という方が実態に合っているように思います。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記