【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【etc】人を育てるということ #04
2018年06月02日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

ところが……これらを権限と責任を持っている者(部署)が背負わないことが多いのではないでしょうか?
そして現場に責任を負わせるという状況は、少なくないでしょう。
特に評価/成果制度を導入した後は、その傾向が強いように思います。
理由は簡単……責任を負えば、自分の評価が下がるから……です。
その結果、権限だけを振り回して、責任を負わないという歪な環境ができあがります。

働きすぎが原因と考えられることにより、人が命を落としたと報道されることがあります。
休みなく、夜中まで働いて……という状況だったと後になって大きく取り上げられます。
でも、それはキチンと勤務状況を把握していれば、防げたことです。
また命を落とすまでではなくても、体調を崩す人はかなりの数になると思います。
それは仕事の量の問題だけでなく、仕事の質の問題もあります。
異動前はキチンと仕事をこなしていた人が、異動後に思ったような評価を受けられないのは、仕事の受け持ち量が多いか、仕事が合わないか、もしくは職場での人間関係の問題か……のいずれかのはずです。
それらのいずれも組織という視点で考えると、それは本人の責任ではなく、適材適所に配置できなかった側の問題でしかありません。
しかし……誰も責任を取っていないように思います。
これは「人を育てる」というテーマからは外れますから、これぐらいにしますが、そのような権限は使うが責任は持たないという環境では、人が育つはずはありません。

各々の素養を把握し、適切に配置しなければ、宝の持ち腐れになること……それは人件費の無駄遣いに繋がるのですが……は避けられないと思います。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記