【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】食の安全 #01-04
2010年12月12日 (日) | 編集 |
以前【注①】、掲載した『EFSAが発表した一般機能健康強調表示についての意見』の第4段です(少し書くのが遅いですが……)。

以下に2010/10/19 EFSA(European Food Safety Authority / 欧州食品安全機関)が発表した一般機能健康強調表示についての意見を載せます。

■■■EFSAが発表した一般機能健康強調表示についての意見(2010/10/19)■■■
EFSAdeliversadviceonfurther808healthclaims
19October2010
http://www.efsa.europa.eu/en/press/news/nda101019.htm
NDAパネルはこれまで4637の健康強調表示リストのうち1745について評価した。

■項目

▼共訳リノール酸(CLA)異性体と正常体重維持、脂肪のない身体の増加、インスリン感受性増加、DNAやタンパク質の酸化的傷害からの保護、ワクチン接種後の抗体産生亢進による免疫防御への寄与に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼各種食品/食品成分と「免疫機能/免疫系」、「外来物への人体防御」、炎症削減、病原性の可能性のある腸内細菌の減少に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼鉄と赤血球やヘモグロビン生成、酸素輸送、正常なエネルギーを発生する代謝への寄与、疲労軽減、異物代謝、「心・肝・筋の活動」に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼フラバン-3-オールと「血管活動」「皮膚活動」
▼ドコサヘキサエン酸(DHA)と正常な空腹時血中トリグリセリド濃度の維持、血中脂質の酸化的傷害からの保護、正常体重への移行と維持、脳や眼や神経の発育、正常な脳機能の維持、正常な視覚の維持、正常な精子の運動性維持
▼カルシウムと正常な骨や歯の維持、正常な髪や爪の維持、正常な血中LDLコレステロール濃度の維持、正常な血中HDLコレステロール濃度の維持、月経前症候群の重症度軽減、「細胞膜透過性」、疲労軽減、正常な心理機能への寄与、正常体重への移行と維持、正常な細胞の分割と分化制御
▼Lactobacillusplantarum299と病原性の可能性のある腸内細菌の減少
▼LactobacillusfermentumCECT5716と免疫防御維持による気道感染防御維持
▼プルーンジュースと正常な腸機能維持
▼分岐鎖アミノ酸(BCAA)と筋量の増加または維持、高地での運動後の筋力低下抑制、運動後の早い疲労回復、運動後の認知機能改善、運動時の疲労軽減、「健康な免疫機能」
▼ビオチンと正常な皮膚や粘膜の維持、正常な毛髪の維持、正常な骨の維持、正常な歯の維持、正常な爪の維持、疲労軽減、正常な精神機能の維持、正常な栄養代謝への寄与
▼ザクロ/ザクロジュースと正常血中コレステロール濃度の維持、正常勃起機能の維持、脂質の酸化的傷害からの保護、「抗酸化およびアンチエイジング」、意図しない体重減少後の食欲増加によるエネルギー摂取増加、正常血糖値維持
▼セレンと正常な毛髪の維持、正常な爪の維持、重金属からの保護、正常な関節の維持、正常な甲状腺機能の維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な免疫系の維持
▼乳清タンパク質と満腹感増加によるエネルギー摂取削減、正常体重維持への寄与、筋量増加または維持、エネルギー制限下または訓練下での脂肪のない身体の増加や体脂肪減少、筋力増強、激しい運動時の持続力強化、骨格筋修復、運動後の早い疲労回復
▼Na-,K-,Ca-,またはMg-の塩化物と胃での胃酸産生による正常な消化への寄与
▼ペクチンと食後の血糖応答、正常血中コレステロール濃度の維持、満腹感増加によるエネルギー摂取の減少
▼「小麦デキストリン」と正常血圧維持、正常空腹時血中トリグリセリド濃度の維持、食後血糖応答の抑制、マグネシウムおよび/またはカルシウムの保持、腸での短鎖脂肪酸生成、病原性の可能性のある腸内細菌の減少、正常腸機能維持
▼リボフラビン(ビタミンB2)と正常なエネルギー産生代謝への寄与、鉄の正常な代謝への寄与、正常な皮膚や粘膜の維持、正常な精神機能の維持、正常な骨や歯や毛髪や爪や視覚や赤血球の維持、疲労軽減、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な神経系機能の維持
▼チアミンと疲労軽減、正常な精神機能への寄与
▼葉酸と正常な精神機能への寄与、正常な視覚の維持、疲労軽減、細胞分裂、正常なアミノ酸合成への寄与
▼亜鉛と正常な皮膚の維持、DNA合成と細胞分裂、正常なタンパク質合成、正常な血中テストステロン濃度の維持、「正常な成長」、疲労軽減、正常な炭水化物代謝、正常な毛髪と爪の維持、正常な代謝への寄与
▼栄養素の生物学的利用度やエネルギーや栄養供給を改善するという各種食品/食品成分
▼LactobacillusreuteriATCC55730と「自然防御」
▼ビタミンB6と正常なホモシステイン代謝、正常な骨や歯や毛髪や皮膚や爪の維持、正常なエネルギー産生代謝への寄与、正常な精神機能への寄与、疲労軽減、正常なシステイン合成への寄与
▼タンパク質と満腹感増加によるエネルギー摂取の低減、正常体重への移行や維持への寄与、正常な骨の維持、筋量増加や維持
▼食物繊維に関する健康強調表示
▼ビタミンEとDNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な免疫系の維持、正常な骨や歯や毛髪や皮膚や爪の維持、正常な心機能維持、レンズの保護による正常な視覚の維持、正常な認知機能への寄与、還元型ビタミンCの再生、正常な血液循環維持、正常な頭皮の維持
▼「健康でバランスのとれた消化器系」や腸内細菌の増加、病原性の可能性のある腸内細菌の減少効果を主張する各種食品/食品成分
▼ビタミンB12と正常な神経精神機能への寄与、正常なホモシステイン代謝への寄与、正常な骨や歯や毛髪や皮膚や爪の維持、疲労軽減、細胞分裂
▼エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)、ドコサペンタエン酸(DPA)と正常な心機能の維持、正常な血糖値維持、正常な血圧維持、正常な血中HDLコレステロール濃度維持、正常な空腹時血中トリグリセリド濃度維持、正常な血中LDLコレステロール濃度維持、光酸化傷害からの皮膚の保護、EPAとDHAの吸収促進、エイコサノイドやアラキドン酸由来メディエーターや炎症性サイトカイン濃度抑制による免疫機能維持への寄与、「免疫調整剤」
▼メチオニンと正常な血中コレステロール濃度維持
▼メチルスルホニルメタン(MSM)と正常なコラーゲン生成への寄与、正常な毛髪や爪の維持、正常な酸塩基バランスの維持、「免疫系の機能強化」、正常な腸機能維持、正常なシステイン合成への寄与、「正確な代謝のために必要なビタミン」
▼コンニャクマンナンと減量、食後血糖応答削減、正常な血糖値維持、正常な血中トリグリセリド濃度維持、正常な血中コレステロール濃度維持、正常な腸機能維持、病原性の可能性のある腸内細菌減少
▼スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)とDNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、光酸化傷害からの皮膚の保護、運動時の筋疲労削減、「免疫系への影響」
▼ゼアキサンチンと正常な視覚維持
▼子どもの発育と健康と各種食品/食品成分
▼プロポリスとプロポリスに含まれるフラボノイド
▼フッ素と歯のミネラル化
▼小麦ふすま繊維と糞便量増加、腸内滞留時間減少、正常体重への移行と維持
▼マンガンと疲労軽減、正常な結合組織の形成への寄与、正常なエネルギー産生代謝への寄与
▼全粒粉について
▼大豆タンパクと正常体重への移行や維持への寄与、正常な血中コレステロール濃度維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護
▼ルチンと内皮依存性血管拡張とDNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護
▼マグネシウムと「ホルモン的健康」、疲労軽減、正常な精神機能への寄与、正常血糖値維持、正常血圧維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な免疫系の維持、妊娠中の正常血圧維持、精神的ストレスへの抵抗性、胃酸削減、正常な脂肪代謝維持、正常な筋収縮維持
▼クロムと正常な栄養素代謝、正常血糖維持、正常体重への移行や維持への寄与、疲労軽減
▼生きたヨーグルトの培養と乳糖消化改善
▼ベータアラニンと短期の強い運動時の運動能力増強、疲労するまでの時間の延長、筋カルノシン貯留増加
▼ビタミンCと疲労軽減、正常な精神機能への寄与、還元型ビタミンEの再生、正常なエネルギー生産性代謝への寄与、正常な免疫系機能維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護
▼ビタミンAと正常な視覚の維持、正常な皮膚や粘膜の維持、正常な毛髪の維持
▼緑茶由来カテキンを含む茶と正常体重への移行や維持、脂肪酸のベータ酸化促進による脂肪減少、正常血糖値維持
▼ココアフラボノールと脂質の酸化的傷害からの保護、正常血圧維持
▼ヒドロキシプロピルメチルセルロース(HPMC)と正常な腸機能維持、食後血糖反応抑制、正常血中コレステロール濃度維持、満腹感の増加によるエネルギー摂取削減
▼Lフェニルアラニンと注意力増強、気分高揚、痛み緩和、記憶改善
▼エイコサペンタエン酸と気分高揚、沈静、注意力増加、食欲増進、血中脂質の酸化的傷害からの保護
▼パントテン酸と精神機能、疲労軽減、副腎機能、正常な皮膚の維持
▼乳製品の炭水化物と血糖応答低減
▼LactobacillusgasseriCECT5714とLactobacilluscoryniformisCECT5711と「自然防御/免疫系」
▼ヨウ素と正常な認知や神経機能への寄与、正常なエネルギー産生代謝への寄与、正常な甲状腺機能や甲状腺ホルモン産生への寄与
▼植物ステロールと植物スタノールと正常な血中コレステロール濃度維持、正常な前立腺の大きさの維持と正常な排尿の維持
▼大豆ホスファチジルコリンと正常血中コレステロール濃度の維持、正常脂肪代謝への寄与、腸管でのグルタミン吸収促進、運動後の筋肉疲労からの早い回復、神経筋機能の改善、正常な神経機能の維持
▼細胞の早期加齢や抗酸化活性、酸化的傷害からDNAやタンパク質や脂肪を保護する、ブラックベリーのアントシアニンの生物学的利用度を高める各種食品/食品成分
▼ナイアシンと疲労軽減、正常なエネルギー産生代謝への寄与、正常な精神機能への寄与、正常血流維持、正常な皮膚や粘膜の維持
▼ホスファチジルセリン
▼腎からの水排出増加に関する各種食品/食品成分
▼消化管の微生物の数を増やしたり病原性の可能性のある腸内細菌を減らしたりする各種食品/食品成分
▼カツオペプチドと正常血圧維持
▼イソマルトオリゴサッカリドと食後血糖反応抑制、腸運動亢進
▼エネルギーやバイタリティ、若返りなどを主張する食品/食品成分
▼異物代謝や「排出」「クレンジング」「重金属排出」などを主張する食品/食品成分
▼モリブデンと正常なアミノ酸代謝への寄与、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護
▼CoQ10と正常なエネルギーを産生する代謝への寄与、正常血圧維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な認知機能への寄与、正常な血中コレステロール濃度維持、持久力増加
▼LシステインとLメチオニン単独または混合での正常な毛髪・爪・皮膚の維持、正常なコラーゲン生成への寄与、正常なグルタチオン生成への寄与
▼LactobacillusparacaseiB21060と病原性の可能性のある腸内細菌の減少、正常な腸滞留時間維持、お腹の不調削減
▼ラクツロースと病原性の可能性のある腸内細菌の減少、腸滞留時間削減
▼小麦胚芽油と正常血圧維持、正常血中コレステロール濃度維持、正常空腹時血中トリグリセリド濃度維持、光傷害からの皮膚の保護、皮膚の保水維持、正常な骨の維持、正常な神経機能維持、正常な認知機能への寄与、正常な受胎能への寄与、月経痛緩和、細胞の早期加齢からの保護

 helth(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【健康】食の安全 #01-01
 ※参考:【健康】食の安全 #01-02
 ※参考:【健康】食の安全 #01-03


▼▼▼詳細記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
【詳細記事】

■■■EFSAが発表した一般機能健康強調表示についての意見(2010/10/19)■■■
(EFSAはさらに808の健康強調表示について助言を発表CommentsAddStar)

個別意見
 参考URL
 ○……因果関係が確立されているもの
 △……条件付きで因果関係が確立されているもの
 ×……因果関係が確立されていないもの
 □……その他(根拠不十分等)
 ⇒……意見

EFSAdeliversadviceonfurther808healthclaims
19October2010

http://www.efsa.europa.eu/en/press/news/nda101019.htm

NDAパネルはこれまで4637の健康強調表示リストのうち1745について評価した。


▼共訳リノール酸(CLA)異性体と正常体重維持、脂肪のない身体の増加、インスリン感受性増加、DNAやタンパク質の酸化的傷害からの保護、ワクチン接種後の抗体産生亢進による免疫防御への寄与に関する健康強調表示の立証についての科学的意見

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoconjugatedlinoleicacid(CLA)isomersandcontributiontothemaintenanceorachievementofanormalbodyweight(ID686,726,1516,1518,2892,3165),increaseinleanbodymass(ID498,731),increaseininsulinsensitivity(ID1517),protectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID564,1937),andcontributiontoimmunedefencesbystimulationofproductionofprotectiveantibodiesinresponsetovaccination(ID687,1519)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1794.htm

⇒ 共訳リノール酸(CLA)異性体c9,t11およびt10,c12の等モル混合物の性状については十分説明されている。

× いずれの主張もそれを裏付けるデータがないため因果関係は確立されていないと結論した。


▼各種食品/食品成分と「免疫機能/免疫系」、「外来物への人体防御」、炎症削減、病原性の可能性のある腸内細菌の減少に関する健康強調表示の立証についての科学的意見

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovariousfood(s)/foodconstituents(s)and“immunefunction/immunesystem”(ID433,605,645,791,1384,1451,1624,1743,1776,1838,1851,1854,1891,1895,3074,3191,3211,3218,3336,3341,3450,3514,3658,3756,3802,3805,3841,3935,3979),“contributiontobodydefencesagainstexternalagents”(ID2344,3208,3213,3270,3278,3285,3294,3309,3387,3424,3428,3536,3537,3539,3575,3577,3579,3582,3603,3618,3755,3776,3777,3778,3801,3804,3840,4367,4472),reductionofinflammation(ID1327,1391)anddecreasingpotentiallypathogenicgastro-intestinalmicroorganisms(ID2362,2730,4064)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1799.htm

「免疫機能/免疫系」「外来物への人体防御」

□ 免疫系、免疫、免疫系の健康、免疫機能、自然免疫、免疫防御力の支持、といった用語は定義不十分である。

□ 炎症削減については、炎症マーカーの削減が人体にとって有益かどうかは文脈によるがその詳細が説明されていない。

□ 病原性の可能性のある腸内細菌の減少については十分なヒト試験が提供されていない。

× 全て却下。

▼鉄と赤血球やヘモグロビン生成、酸素輸送、正常なエネルギーを発生する代謝への寄与、疲労軽減、異物代謝、「心・肝・筋の活動」に関する健康強調表示の立証についての科学的意見

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoironandformationofredbloodcellsandhaemoglobin(ID374,2889),oxygentransport(ID255),contributiontonormalenergy-yieldingmetabolism(ID255),reductionoftirednessandfatigue(ID255,374,2889),biotransformationofxenobioticsubstances(ID258),and“activityofheart,liverandmuscles”(ID397)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1740.htm

鉄に関連する健康強調表示について検討した。鉄については十分説明されている。

○ 赤血球やヘモグロビン生成、酸素輸送、正常なエネルギーを発生する代謝への寄与、疲労軽減については既に評価されて賛同されているか因果関係が確立している。
異物代謝と「心・肝・筋の活動」については非特異的一般的主張で健康強調表示の定義に合わない。

⇒ 鉄の使用に関しては最低限指令No1924/2006の補足に従うべきである。そのような量はバランスのとれた食生活の一部として容易に摂取できる。


▼フラバン-3-オールと「血管活動」「皮膚活動」

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoflavan-3-olsand“vascularactivity”(ID1964)and“dermalactivity”(ID1965)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1737.htm

× 因果関係は確立されていない


▼ドコサヘキサエン酸(DHA)と正常な空腹時血中トリグリセリド濃度の維持、血中脂質の酸化的傷害からの保護、正常体重への移行と維持、脳や眼や神経の発育、正常な脳機能の維持、正常な視覚の維持、正常な精子の運動性維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtodocosahexaenoicacid(DHA)andmaintenanceofnormal(fasting)bloodconcentrationsoftriglycerides(ID533,691,3150),protectionofbloodlipidsfromoxidativedamage(ID630),contributiontothemaintenanceorachievementofanormalbodyweight(ID629),brain,eyeandnervedevelopment(ID627,689,704,742,3148,3151),maintenanceofnormalbrainfunction(ID565,626,631,689,690,704,742,3148,3151),maintenanceofnormalvision(ID627,632,743,3149)andmaintenanceofnormalspermatozoamotility(ID628)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1734.htm

DHAの性状については十分説明されている。

○ 正常な空腹時血中トリグリセリド濃度の維持、正常な脳機能の維持、正常な視覚の維持については因果関係は確立されている。

□ 脳や眼や神経の発育については子どもの発育と健康に関するもので範疇外である。

× 血中脂質の酸化的傷害からの保護、正常体重への移行と維持、正常な精子の運動性維持については因果関係は確立されていない。


▼カルシウムと正常な骨や歯の維持、正常な髪や爪の維持、正常な血中LDLコレステロール濃度の維持、正常な血中HDLコレステロール濃度の維持、月経前症候群の重症度軽減、「細胞膜透過性」、疲労軽減、正常な心理機能への寄与、正常体重への移行と維持、正常な細胞の分割と分化制御

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtocalciumandmaintenanceofnormalboneandteeth(ID2731,3155,4311,4312,4703),maintenanceofnormalhairandnails(ID399,3155),maintenanceofnormalbloodLDL-cholesterolconcentrations(ID349,1893),maintenanceofnormalbloodHDL-cholesterolconcentrations(ID349,1893),reductionintheseverityofsymptomsrelatedtothepremenstrualsyndrome(ID348,1892),“cellmembranepermeability”(ID363),reductionoftirednessandfatigue(ID232),contributiontonormalpsychologicalfunctions(ID233),contributiontothemaintenanceorachievementofanormalbodyweight(ID228,229)andregulationofnormalcelldivisionanddifferentiation(ID237)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1725.htm

カルシウムの性状については十分説明されている。

○ 正常な骨や歯の維持については既に評価済みまたは因果関係は確立されている。

□ 「細胞膜透過性」については定義不十分である。

× 正常な髪や爪の維持、正常な血中LDLコレステロール濃度の維持、正常な血中HDLコレステロール濃度の維持、月経前症候群の重症度軽減、疲労軽減、正常な心理機能への寄与、正常体重への移行と維持、正常な細胞の分割と分化制御については因果関係は確立されていない。


▼Lactobacillusplantarum299と病原性の可能性のある腸内細菌の減少

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoLactobacillusplantarum299(DSM6595,67B)(ID1078)anddecreasingpotentiallypathogenicintestinalmicroorganismspursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1726.htm

× 因果関係は確立されていない。


▼LactobacillusfermentumCECT5716と免疫防御維持による気道感染防御維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoLactobacillusfermentumCECT5716andmaintenanceoftheupperrespiratorytractdefenceagainstpathogensbymaintainingimmunedefences(ID916)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1802.htm


× 因果関係は確立されていない。


▼プルーンジュースと正常な腸機能維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoprunejuiceandmaintenanceofnormalbowelfunction(ID1166)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1768.htm

× 因果関係は確立されていない。


▼分岐鎖アミノ酸(BCAA)と筋量の増加または維持、高地での運動後の筋力低下抑制、運動後の早い疲労回復、運動後の認知機能改善、運動時の疲労軽減、「健康な免疫機能」

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtobranched-chainaminoacids(BCAA)andgrowthormaintenanceofmusclemass(ID442,444,445,447,448,451,1478),attenuationofthedeclineinmusclepowerfollowingexerciseathighaltitude(ID443),fasterrecoveryfrommusclefatigueafterexercise(ID447,448,684,1478),improvementofcognitivefunctionafterexercise(ID446),reductioninperceivedexertionduringexercise(ID450)and“healthyimmunesystem”(ID449)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1790.htm

⇒ 分岐鎖アミノ酸(BCAA)の性状は十分説明されている。

× 筋量の増加または維持、高地での運動後の筋力低下抑制、運動後の早い疲労回復、運動後の認知機能改善、運動時の疲労軽減、「健康な免疫機能」について、因果関係は確立されていない。


▼ビオチンと正常な皮膚や粘膜の維持、正常な毛髪の維持、正常な骨の維持、正常な歯の維持、正常な爪の維持、疲労軽減、正常な精神機能の維持、正常な栄養代謝への寄与

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtobiotinandmaintenanceofnormalskinandmucousmembranes(ID121),maintenanceofnormalhair(ID121),maintenanceofnormalbone(ID121),maintenanceofnormalteeth(ID121),maintenanceofnormalnails(ID121,2877),reductionoftirednessandfatigue(ID119),contributiontonormalpsychologicalfunctions(ID120)andcontributiontonormalmacronutrientmetabolism(ID4661)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1728.htm

⇒ ビオチンの性状は十分説明されている。

○ 正常な皮膚や粘膜の維持、正常な毛髪の維持、正常な精神機能の維持、正常な栄養代謝への寄与については既に評価済みまたは因果関係は確立されている。

× 正常な骨の維持、正常な歯の維持、正常な爪の維持、疲労軽減について因果関係は確立されていない。


▼ザクロ/ザクロジュースと正常血中コレステロール濃度の維持、正常勃起機能の維持、脂質の酸化的傷害からの保護、「抗酸化およびアンチエイジング」、意図しない体重減少後の食欲増加によるエネルギー摂取増加、正常血糖値維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtopomegranate/pomegranatejuiceandmaintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID1162,1320,2107,2167),maintenanceofnormalerectilefunction(ID1163),protectionoflipidsfromoxidativedamage(ID1201,1319,2123),“antioxidantandanti-agingproperties”(ID1901),increaseinappetiteafterunintentionalweightlossleadingtoanincreaseinenergyintake(ID2122)andmaintenanceofnormalbloodglucoseconcentrations(ID4471)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1750.htm

⇒ ザクロ/ザクロジュースとそれに含まれるポリフェノールについては十分説明されていないが、健康強調表示のもとになるとみなされるpunicalaginとエラグ酸については説明されている。

□ 抗酸化およびアンチエイジング」については定義不十分。

× その他は全て因果関係は確立されていない。


▼セレンと正常な毛髪の維持、正常な爪の維持、重金属からの保護、正常な関節の維持、正常な甲状腺機能の維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な免疫系の維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoseleniumandmaintenanceofnormalhair(ID281),maintenanceofnormalnails(ID281),protectionagainstheavymetals(ID383),maintenanceofnormaljoints(ID409),maintenanceofnormalthyroidfunction(ID410,1292),protectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID410,1292),andmaintenanceofthenormalfunctionoftheimmunesystem(ID1750)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1727.htm

⇒ セレンの性状は十分説明されている。

□ 食事からの適切な摂取が正常な毛髪や爪の維持に関連することは確立されているがEUにおいてセレン不足により正常な毛髪や爪の維持不全がみられるという根拠はない。

○ 正常な甲状腺機能の維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な免疫系の維持については既に評価されている。

× 重金属からの保護、正常な関節の維持については因果関係は確立されていない。


▼乳清タンパク質と満腹感増加によるエネルギー摂取削減、正常体重維持への寄与、筋量増加または維持、エネルギー制限下または訓練下での脂肪のない身体の増加や体脂肪減少、筋力増強、激しい運動時の持続力強化、骨格筋修復、運動後の早い疲労回復

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtowheyproteinandincreaseinsatietyleadingtoareductioninenergyintake(ID425),contributiontothemaintenanceorachievementofanormalbodyweight(ID1683),growthormaintenanceofmusclemass(ID418,419,423,426,427,429,4307),increaseinleanbodymassduringenergyrestrictionandresistancetraining(ID421),reductionofbodyfatmassduringenergyrestrictionandresistancetraining(ID420,421),increaseinmusclestrength(ID422,429),increaseinendurancecapacityduringthesubsequentexerciseboutafterstrenuousexercise(ID428),skeletalmuscletissuerepair(ID428)andfasterrecoveryfrommusclefatigueafterexercise(ID423,428,431),pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1818.htm

⇒ 乳清タンパク質の性状は十分説明されている。

× 全て因果関係は確立されていない。


▼Na-,K-,Ca-,またはMg-の塩化物と胃での胃酸産生による正常な消化への寄与

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtochlorideasNa-,K-,Ca-,orMg-saltandcontributiontonormaldigestionbyproductionofhydrochloricacidinthestomach(ID326)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1764.htm

△ 食事からの適切な摂取が正常な胃酸による消化に関連することは確立されているがEUにおいて塩素不足により正常な消化の不全がみられるという根拠はない。


▼ペクチンと食後の血糖応答、正常血中コレステロール濃度の維持、満腹感増加によるエネルギー摂取の減少

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtopectinsandreductionofpost-prandialglycaemicresponses(ID786),maintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID818)andincreaseinsatietyleadingtoareductioninenergyintake(ID4692)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1747.htm

○ ペクチンと食後の血糖応答、正常血中コレステロール濃度の維持については因果関係は確立している。

× 満腹感増加によるエネルギー摂取の減少については因果関係は確立されていない。


▼「小麦デキストリン」と正常血圧維持、正常空腹時血中トリグリセリド濃度の維持、食後血糖応答の抑制、マグネシウムおよび/またはカルシウムの保持、腸での短鎖脂肪酸生成、病原性の可能性のある腸内細菌の減少、正常腸機能維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedto“wheatdextrin”andmaintenanceofnormalbloodpressure(ID844,1682),maintenanceofnormal(fasting)bloodconcentrationsoftriglycerides(ID844,1682),maintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID844,1682),reductionofpost-prandialglycaemicresponses(ID845,3096),increaseinmagnesiumand/orcalciumretention(ID846,3097),shortchainfattyacid(SCFA)productioninthebowel(ID1681),decreasingpotentiallypathogenicgastro-intestinalmicroorganisms(ID843,1681)andmaintenanceofnormalbowelfunction(ID843,1680)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1761.htm

⇒ 特定の商品である「小麦デキストリン」の性状については十分説明されている。

× 全て因果関係は確立されていない。


▼リボフラビン(ビタミンB2)と正常なエネルギー産生代謝への寄与、鉄の正常な代謝への寄与、正常な皮膚や粘膜の維持、正常な精神機能の維持、正常な骨や歯や毛髪や爪や視覚や赤血球の維持、疲労軽減、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な神経系機能の維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoriboflavin(vitaminB2)andcontributiontonormalenergy-yieldingmetabolism(ID29,35,36,42),contributiontonormalmetabolismofiron(ID30,37),maintenanceofnormalskinandmucousmembranes(ID31,33),contributiontonormalpsychologicalfunctions(ID32),maintenanceofnormalbone(ID33),maintenanceofnormalteeth(ID33),maintenanceofnormalhair(ID33),maintenanceofnormalnails(ID33),maintenanceofnormalvision(ID39),maintenanceofnormalredbloodcells(ID40),reductionoftirednessandfatigue(ID41),protectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID207),andmaintenanceofthenormalfunctionofthenervoussystem(ID213)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1814.htm

⇒ リボフラビンの性状については十分説明されている。

○ 正常なエネルギー産生代謝への寄与、鉄の正常な代謝への寄与、正常な皮膚や粘膜の維持、正常な視覚や赤血球の維持、疲労軽減、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な神経系機能の維持については因果関係は確立されている。

× 正常な精神機能の維持、正常な骨や歯や毛髪や爪の維持については因果関係は確立されていない。


▼チアミンと疲労軽減、正常な精神機能への寄与

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtothiaminandreductionoftirednessandfatigue(ID23)andcontributiontonormalpsychologicalfunctions(ID205)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1755.htm

○ 正常な精神機能への寄与については因果関係は確立されている。

× 疲労軽減については因果関係は確立されていない。


▼葉酸と正常な精神機能への寄与、正常な視覚の維持、疲労軽減、細胞分裂、正常なアミノ酸合成への寄与

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtofolateandcontributiontonormalpsychologicalfunctions(ID81,85,86,88),maintenanceofnormalvision(ID83,87),reductionoftirednessandfatigue(ID84),celldivision(ID195,2881)andcontributiontonormalaminoacidsynthesis(ID195,2881)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1760.htm

○ 正常な精神機能への寄与、疲労軽減、正常なアミノ酸合成への寄与については因果関係は確立されている。正常な細胞分裂については既に評価されている。

× 正常な視覚の維持については因果関係は確立されていない。


▼亜鉛と正常な皮膚の維持、DNA合成と細胞分裂、正常なタンパク質合成、正常な血中テストステロン濃度の維持、「正常な成長」、疲労軽減、正常な炭水化物代謝、正常な毛髪と爪の維持、正常な代謝への寄与

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtozincandmaintenanceofnormalskin(ID293),DNAsynthesisandcelldivision(ID293),contributiontonormalproteinsynthesis(ID293,4293),maintenanceofnormalserumtestosteroneconcentrations(ID301),“normalgrowth”(ID303),reductionoftirednessandfatigue(ID304),contributiontonormalcarbohydratemetabolism(ID382),maintenanceofnormalhair(ID412),maintenanceofnormalnails(ID412)andcontributiontonormalmacronutrientmetabolism(ID2890)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1819.htm

○ 正常な皮膚の維持、DNA合成と細胞分裂、正常なタンパク質合成、正常な炭水化物代謝、正常な毛髪と爪の維持、正常な代謝への寄与については既に評価されているまたは因果関係は確立されている。
しかしながらEUにおいて一般人に不足による不全がみられるという根拠はない。

□ 「正常な成長」については範囲外。

× 正常な血中テストステロン濃度の維持、疲労軽減、については因果関係は確立されていない。


▼栄養素の生物学的利用度やエネルギーや栄養供給を改善するという各種食品/食品成分

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovariousfood(s)/foodconstituent(s)andimprovedbioavailabilityofnutrients(ID384,1728,1752,1755),energyandnutrientsupply(ID403,413,457,487,667,1675,1710,2901,4496)andpresenceofanutrientinthehumanbody(ID720)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1743.htm

⇒ 食品による健康への影響というより栄養素に関連する表示である。


▼LactobacillusreuteriATCC55730と「自然防御」

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoLactobacillusreuteriATCC55730and“naturaldefence”(ID905)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1805.htm


□ 影響の定義が不十分


▼ビタミンB6と正常なホモシステイン代謝、正常な骨や歯や毛髪や皮膚や爪の維持、正常なエネルギー産生代謝への寄与、正常な精神機能への寄与、疲労軽減、正常なシステイン合成への寄与

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovitaminB6andcontributiontonormalhomocysteinemetabolism(ID73,76,199),maintenanceofnormalbone(ID74),maintenanceofnormalteeth(ID74),maintenanceofnormalhair(ID74),maintenanceofnormalskin(ID74),maintenanceofnormalnails(ID74),contributiontonormalenergy-yieldingmetabolism(ID75,214),contributiontonormalpsychologicalfunctions(ID77),reductionoftirednessandfatigue(ID78),andcontributiontonormalcysteinesynthesis(ID4283)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1759.htm

○ 正常なホモシステイン代謝、正常なエネルギー産生代謝への寄与、正常な精神機能への寄与、疲労軽減、正常なシステイン合成への寄与については因果関係は確立されている。

× 正常な骨や歯や毛髪や皮膚や爪の維持については因果関係は確立されていない。


▼タンパク質と満腹感増加によるエネルギー摂取の低減、正常体重への移行や維持への寄与、正常な骨の維持、筋量増加や維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoproteinandincreaseinsatietyleadingtoareductioninenergyintake(ID414,616,730),contributiontothemaintenanceorachievementofanormalbodyweight(ID414,616,730),maintenanceofnormalbone(ID416)andgrowthormaintenanceofmusclemass(ID415,417,593,594,595,715)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1811.htm

○ 正常な骨の維持、筋量増加や維持については因果関係は確立されている。

× 満腹感増加によるエネルギー摂取の低減、正常体重への移行や維持への寄与、については因果関係は確立されていない。


▼食物繊維に関する健康強調表示

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtodietaryfibre(ID744,745,746,748,749,753,803,810,855,1415,1416,4308,4330)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1735.htm

⇒ 食物繊維の性質が十分説明されていない。


▼ビタミンEとDNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な免疫系の維持、正常な骨や歯や毛髪や皮膚や爪の維持、正常な心機能維持、レンズの保護による正常な視覚の維持、正常な認知機能への寄与、還元型ビタミンCの再生、正常な血液循環維持、正常な頭皮の維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovitaminEandprotectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID160,162,1947),maintenanceofthenormalfunctionoftheimmunesystem(ID161,163),maintenanceofnormalbone(ID164),maintenanceofnormalteeth(ID164),maintenanceofnormalhair(ID164),maintenanceofnormalskin(ID164),maintenanceofnormalnails(ID164),maintenanceofnormalcardiacfunction(ID166),maintenanceofnormalvisionbyprotectionofthelensoftheeye(ID167),contributiontonormalcognitivefunction(ID182,183),regenerationofthereducedformofvitaminC(ID203),maintenanceofnormalbloodcirculation(ID216)andmaintenanceofnormalascalp(ID2873)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1816.htm

○ ビタミンEとDNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護については因果関係は確立されている。

× 正常な免疫系の維持、正常な骨や歯や毛髪や皮膚や爪の維持、正常な心機能維持、レンズの保護による正常な視覚の維持、正常な認知機能への寄与、還元型ビタミンCの再生、正常な血液循環維持、正常な頭皮の維持については因果関係は確立されていない。


▼「健康でバランスのとれた消化器系」や腸内細菌の増加、病原性の可能性のある腸内細菌の減少効果を主張する各種食品/食品成分

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovariousfood(s)/foodconstituent(s)claiming“healthyandbalanceddigestivesystem”(ID1371,4228),increasingnumbersofgastro-intestinalmicroorganisms(ID864,1371,3073,4228)anddecreasingpotentiallypathogenicgastro-intestinalmicroorganisms(ID864,1371,3073,4228)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1767.htm

□ 「健康でバランスのとれた消化器系」は定義不十分。

⇒ 腸内細菌(善玉菌)の増加が生理的に利益があるという根拠がない。

⇒ 病原性の可能性のある腸内細菌数に影響する食品/食品成分による影響を調べたヒト試験がない。


▼ビタミンB12と正常な神経精神機能への寄与、正常なホモシステイン代謝への寄与、正常な骨や歯や毛髪や皮膚や爪の維持、疲労軽減、細胞分裂

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovitaminB12andcontributiontonormalneurologicalandpsychologicalfunctions(ID95,97,98,100,102,109),contributiontonormalhomocysteinemetabolism(ID96,103,106),maintenanceofnormalbone(ID104),maintenanceofnormalteeth(ID104),maintenanceofnormalhair(ID104),maintenanceofnormalskin(ID104),maintenanceofnormalnails(ID104),reductionoftirednessandfatigue(ID108),andcelldivision(ID212)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1756.htm

○ 正常な神経精神機能への寄与、正常なホモシステイン代謝への寄与、疲労軽減、細胞分裂については先に評価されているまたは因果関係は確立されている。

× 正常な骨や歯や毛髪や皮膚や爪の維持については因果関係は確立されていない。


▼エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)、ドコサペンタエン酸(DPA)と正常な心機能の維持、正常な血糖値維持、正常な血圧維持、正常な血中HDLコレステロール濃度維持、正常な空腹時血中トリグリセリド濃度維持、正常な血中LDLコレステロール濃度維持、光酸化傷害からの皮膚の保護、EPAとDHAの吸収促進、エイコサノイドやアラキドン酸由来メディエーターや炎症性サイトカイン濃度抑制による免疫機能維持への寄与、「免疫調整剤」

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoeicosapentaenoicacid(EPA),docosahexaenoicacid(DHA),docosapentaenoicacid(DPA)andmaintenanceofnormalcardiacfunction(ID504,506,516,527,538,703,1128,1317,1324,1325),maintenanceofnormalbloodglucoseconcentrations(ID566),maintenanceofnormalbloodpressure(ID506,516,703,1317,1324),maintenanceofnormalbloodHDL-cholesterolconcentrations(ID506),maintenanceofnormal(fasting)bloodconcentrationsoftriglycerides(ID506,527,538,1317,1324,1325),maintenanceofnormalbloodLDL-cholesterolconcentrations(ID527,538,1317,1325,4689),protectionoftheskinfromphoto-oxidative(UV-induced)damage(ID530),improvedabsorptionofEPAandDHA(ID522,523),contributiontothenormalfunctionoftheimmunesystembydecreasingthelevelsofeicosanoids,arachidonicacid-derivedmediatorsandpro-inflammatorycytokines(ID520,2914),and“immunomodulatingagent”(4690)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1796.htm

○ 正常な心機能の維持、正常な血圧維持、正常な血中HDLコレステロール濃度維持、正常な空腹時血中トリグリセリド濃度維持、正常な血中LDLコレステロール濃度維持については先に評価されているまたは因果関係は確立されている。

□ EPAとDHAの吸収促進、については範囲外である。

× 正常な血糖値維持、光酸化傷害からの皮膚の保護、エイコサノイドやアラキドン酸由来メディエーターや炎症性サイトカイン濃度抑制による免疫機能維持への寄与については因果関係は確立されていない。

□ 「免疫調整剤」については定義不十分。


▼メチオニンと正常な血中コレステロール濃度維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtomethionineandmaintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID706,1615,2913)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1744.htm

× 因果関係は確立されていない。


▼メチルスルホニルメタン(MSM)と正常なコラーゲン生成への寄与、正常な毛髪や爪の維持、正常な酸塩基バランスの維持、「免疫系の機能強化」、正常な腸機能維持、正常なシステイン合成への寄与、「正確な代謝のために必要なビタミン」

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtomethylsulphonylmethane(MSM)andcontributiontonormalcollagenformation(ID353,388,389,394,1695,1741,1874),maintenanceofnormalhair(ID353,1741,1874),maintenanceofnormalnails(ID1695,1741,1874),maintenanceofnormalacid-basebalance(ID387),“strengthenstheimmunesystemfunction”(ID390),maintenanceofnormalbowelfunction(ID391),contributiontothenormalcysteinesynthesis(ID392)and“vitaminproductionneededforcorrectfunctionofmetabolism”(ID393)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1746.htm

× 正常なコラーゲン生成への寄与、正常な毛髪や爪の維持、正常な酸塩基バランスの維持、正常な腸機能維持、正常なシステイン合成への寄与については因果関係は確立されていない。

□ 「免疫系の機能強化」については風邪やヘルペスの治療を主張しており範囲外である。「正確な代謝のために必要なビタミン」も範囲外。


▼コンニャクマンナンと減量、食後血糖応答削減、正常な血糖値維持、正常な血中トリグリセリド濃度維持、正常な血中コレステロール濃度維持、正常な腸機能維持、病原性の可能性のある腸内細菌減少

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtokonjacmannan(glucomannan)andreductionofbodyweight(ID854,1556,3725),reductionofpost-prandialglycaemicresponses(ID1559),maintenanceofnormalbloodglucoseconcentrations(ID835,3724),maintenanceofnormal(fasting)bloodconcentrationsoftriglycerides(ID3217),maintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID3100,3217),maintenanceofnormalbowelfunction(ID834,1557,3901)anddecreasingpotentiallypathogenicgastro-intestinalmicroorganisms(ID1558)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1798.htm

○ 減量、正常な血中コレステロール濃度維持については先に評価されているまたは因果関係は確立されている。

× 食後血糖応答削減、正常な血糖値維持、正常な血中トリグリセリド濃度維持、正常な腸機能維持、病原性の可能性のある腸内細菌減少については因果関係は確立されていない。


▼スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)とDNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、光酸化傷害からの皮膚の保護、運動時の筋疲労削減、「免疫系への影響」

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtosuperoxidedismutase(SOD)andprotectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID1785,1839,1970,2304,2305,3159,3160),protectionoftheskinfromphoto-oxidative(UV-induced)damage(ID2305,3161),reductionofmusclefatigueduringexercise(ID1840),and“effectsonimmunesystem”(ID2304,3160)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1753.htm

□ 「免疫系への影響」は定義不十分。

× そのほかは因果関係は確立されていない。


▼ゼアキサンチンと正常な視覚維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtozeaxanthinandmaintenanceofnormalvision(ID1684,2169,2888)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1724.htm

× 因果関係は確立されていない。


▼子どもの発育と健康と各種食品/食品成分

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovariousfood(s)/foodconstituent(s)thatarereferringtochildren’sdevelopmentandhealth(ID38,110,257,490,542,623,1896,2898)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1731.htm

□ 範囲外


▼プロポリスとプロポリスに含まれるフラボノイド

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtopropolis(ID1242,1245,1246,1247,1248,3184)andflavonoidsinpropolis(ID1244,1644,1645,3526,3527,3798,3799)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1731.htm

□ 物質の同定や記述不十分。


▼フッ素と歯のミネラル化

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtofluorideandmaintenanceoftoothmineralisation(ID338,4238)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1797.htm

⇒ 既に評価済み


▼小麦ふすま繊維と糞便量増加、腸内滞留時間減少、正常体重への移行と維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtowheatbranfibreandincreaseinfaecalbulk(ID3066),reductioninintestinaltransittime(ID828,839,3067,4699)andcontributiontothemaintenanceorachievementofanormalbodyweight(ID829)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1817.htm

○ 糞便量増加と腸内滞留時間減少については因果関係は確立している。

× 正常体重への移行と維持については因果関係は確立していない。


▼マンガンと疲労軽減、正常な結合組織の形成への寄与、正常なエネルギー産生代謝への寄与

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtomanganeseandreductionoftirednessandfatigue(ID312),contributiontonormalformationofconnectivetissue(ID404)andcontributiontonormalenergyyieldingmetabolism(ID405)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1808.htm

○ 正常な結合組織の形成への寄与、正常なエネルギー産生代謝への寄与については既に評価されたまたは因果関係は確立している。

× 疲労軽減については因果関係は確立していない。


▼全粒粉について

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtowholegrain(ID831,832,833,1126,1268,1269,1270,1271,1431)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1766.htm

□ 組成が不明で性質決定不十分


▼大豆タンパクと正常体重への移行や維持への寄与、正常な血中コレステロール濃度維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtosoyproteinandcontributiontothemaintenanceorachievementofanormalbodyweight(ID598),maintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID556)andprotectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID435)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1812.htm

× 因果関係は確立されていない


▼ルチンと内皮依存性血管拡張とDNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtorutinandimprovementofendothelium-dependentvasodilation(ID1649,1783)andprotectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID1784)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1751.htm

× 因果関係は確立されていない


▼マグネシウムと「ホルモン的健康」、疲労軽減、正常な精神機能への寄与、正常血糖値維持、正常血圧維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な免疫系の維持、妊娠中の正常血圧維持、精神的ストレスへの抵抗性、胃酸削減、正常な脂肪代謝維持、正常な筋収縮維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtomagnesiumand“hormonalhealth”(ID243),reductionoftirednessandfatigue(ID244),contributiontonormalpsychologicalfunctions(ID245,246),maintenanceofnormalbloodglucoseconcentrations(ID342),maintenanceofnormalbloodpressure(ID344,366,379),protectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID351),maintenanceofthenormalfunctionoftheimmunesystem(ID352),maintenanceofnormalbloodpressureduringpregnancy(ID367),resistancetomentalstress(ID375,381),reductionofgastricacidlevels(ID376),maintenanceofnormalfatmetabolism(ID378)andmaintenanceofnormalmusclecontraction(ID380,ID3083)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1807.htm

○ 疲労軽減、正常な精神機能への寄与、正常な筋収縮維持については既に評価済みまたは因果関係は確立されている。

□ 「ホルモン的健康」は健康強調表示ではない。

× 正常血糖値維持、正常血圧維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な免疫系の維持、妊娠中の正常血圧維持、精神的ストレスへの抵抗性、胃酸削減、正常な脂肪代謝維持については因果関係は確立されていない。


▼クロムと正常な栄養素代謝、正常血糖維持、正常体重への移行や維持への寄与、疲労軽減

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtochromiumandcontributiontonormalmacronutrientmetabolism(ID260,401,4665,4666,4667),maintenanceofnormalbloodglucoseconcentrations(ID262,4667),contributiontothemaintenanceorachievementofanormalbodyweight(ID339,4665,4666),andreductionoftirednessandfatigue(ID261)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1732.htm

△ 正常な栄養素代謝、正常血糖維持、については因果関係は確立されているが、EUで不足により不全がおこっているという証拠はない。

× 正常体重への移行や維持への寄与、疲労軽減については因果関係は確立されていない。


▼生きたヨーグルトの培養と乳糖消化改善

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoliveyoghurtculturesandimprovedlactosedigestion(ID1143,2976)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1763.htm

○ 因果関係は確立されている。


▼ベータアラニンと短期の強い運動時の運動能力増強、疲労するまでの時間の延長、筋カルノシン貯留増加

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtobetaalanineandincreaseinphysicalperformanceduringshorttermhighintensityexercise(ID436,1453,1454,1459),increaseintimetoexhaustion(ID437,438,439,683,1452,1455,1456,1459)andincreaseinmusclecarnosinestores(ID1457,1458)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

× 因果関係は確立されていない。


▼ビタミンCと疲労軽減、正常な精神機能への寄与、還元型ビタミンEの再生、正常なエネルギー生産性代謝への寄与、正常な免疫系機能維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovitaminCandreductionoftirednessandfatigue(ID139,2622),contributiontonormalpsychologicalfunctions(ID140),regenerationofthereducedformofvitaminE(ID202),contributiontonormalenergy-yieldingmetabolism(ID2334,3196),maintenanceofthenormalfunctionoftheimmunesystem(ID4321)andprotectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID3331)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1815.htm

○ 既に評価されているまたは因果関係は確立されている。


▼ビタミンAと正常な視覚の維持、正常な皮膚や粘膜の維持、正常な毛髪の維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovitaminA(includingβ-carotene)andmaintenanceofnormalvision(ID4239,4701),maintenanceofnormalskinandmucousmembranes(ID4660,4702),andmaintenanceofnormalhair(ID4660)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1754.htm

△ 既に評価されている。毛髪についてのみ否定的。


▼緑茶由来カテキンを含む茶と正常体重への移行や維持、脂肪酸のベータ酸化促進による脂肪減少、正常血糖値維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoCamelliasinensis(L.)Kuntze(tea),includingcatechinsfromgreentea,andcontributiontothemaintenanceorachievementofanormalbodyweight(ID1107,1112,1544,2716),increasedbeta-oxidationoffattyacidsleadingtoareductioninbodyfatmass(ID1123,1124,3698),andmaintenanceofnormalbloodglucoseconcentrations(ID1115,1545)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1791.htm

× いずれも因果関係は確立されていない。


▼ココアフラボノールと脂質の酸化的傷害からの保護、正常血圧維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtococoaflavanolsandprotectionoflipidsfromoxidativedamage(ID652,1372,1506,3143),andmaintenanceofnormalbloodpressure(ID1507)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1792.htm

× 因果関係は確立されていない。


▼ヒドロキシプロピルメチルセルロース(HPMC)と正常な腸機能維持、食後血糖反応抑制、正常血中コレステロール濃度維持、満腹感の増加によるエネルギー摂取削減

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtohydroxypropylmethylcellulose(HPMC)andmaintenanceofnormalbowelfunction(ID812),reductionofpost-prandialglycaemicresponses(ID814),maintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID815)andincreaseinsatietyleadingtoareductioninenergyintake(ID2933)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1739.htm

○ 食後血糖反応抑制、正常血中コレステロール濃度維持については因果関係は確立されている。

× 正常な腸機能維持、満腹感の増加によるエネルギー摂取削減については因果関係は確立されていない。


▼Lフェニルアラニンと注意力増強、気分高揚、痛み緩和、記憶改善

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoLphenylalanineandincreasedalertness(ID708,1629),enhancementofmood(ID657),painrelief(ID657)andimprovementofmemory(ID658)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1748.htm

× 因果関係は確立されていない。


▼エイコサペンタエン酸と気分高揚、沈静、注意力増加、食欲増進、血中脂質の酸化的傷害からの保護

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoeicosapentaenoicacid(EPA)andenhancementofmood(ID633),calming(ID634),increasedattention(ID634),increaseinappetiteafterunintentionalweightlossleadingtoanincreaseinenergyintake(ID635),andprotectionofbloodlipidsfromoxidativedamage(ID636)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1736.htm

× 因果関係は確立されていない。


▼パントテン酸と精神機能、疲労軽減、副腎機能、正常な皮膚の維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtopantothenicacidandmentalperformance(ID58),reductionoftirednessandfatigue(ID63),adrenalfunction(ID204)andmaintenanceofnormalskin(ID2878)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1758.htm

⇒ 精神機能は先に評価されている。疲労軽減については因果関係は確立されているがEUで不足による疲労があるという根拠はない。副腎機能は定義不十分。

× 正常な皮膚の維持は先に評価され否定されている


▼乳製品の炭水化物と血糖応答低減

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtocarbohydratesindairyproductsandlow/reducedglycaemicresponses(ID718,2912)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1765.htm

□ 乳製品の炭水化物についての性質決定が不十分


▼LactobacillusgasseriCECT5714とLactobacilluscoryniformisCECT5711と「自然防御/免疫系」

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoLactobacillusgasseriCECT5714andLactobacilluscoryniformisCECT5711and“naturaldefence/immunesystem”(ID930)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1803.htm

⇒ ナチュラルキラー細胞の増加やサイトカイン産生などのパラメーターがそれ自体で生理的に良いことだとは言えない。


▼ヨウ素と正常な認知や神経機能への寄与、正常なエネルギー産生代謝への寄与、正常な甲状腺機能や甲状腺ホルモン産生への寄与

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoiodineandcontributiontonormalcognitiveandneurologicalfunction(ID273),contributiontonormalenergy-yieldingmetabolism(ID402),andcontributiontonormalthyroidfunctionandproductionofthyroidhormones(ID1237)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1800.htm

○ 先に評価された、または因果関係は確立されている。


▼植物ステロールと植物スタノールと正常な血中コレステロール濃度維持、正常な前立腺の大きさの維持と正常な排尿の維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoplantsterolsandplantstanolsandmaintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID549,550,567,713,1234,1235,1466,1634,1984,2909,3140),andmaintenanceofnormalprostatesizeandnormalurination(ID714,1467,1635)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1813.htm

○ 正常な血中コレステロール濃度維持については因果関係は確立されている。

× 正常な前立腺の大きさの維持と正常な排尿の維持については因果関係は確立されていない。


▼大豆ホスファチジルコリンと正常血中コレステロール濃度の維持、正常脂肪代謝への寄与、腸管でのグルタミン吸収促進、運動後の筋肉疲労からの早い回復、神経筋機能の改善、正常な神経機能の維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtosoyphosphatidylcholineandmaintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID709,1308,1630,1961,3138,3187,4687),contributiontonormalfatmetabolism(ID1597),increaseintheintestinalabsorptionofglutamine(ID4251),fasterrecoveryfrommusclefatigueafterexercise(ID4249),improvementofneuromuscularfunction(ID4250),contributiontonormalcognitivefunction(ID710,1596,1631,1983)andmaintenanceofnormalneurologicalfunction(ID1596)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1741.htm

× 因果関係は確立されていない。


▼細胞の早期加齢や抗酸化活性、酸化的傷害からDNAやタンパク質や脂肪を保護する、ブラックベリーのアントシアニンの生物学的利用度を高める各種食品/食品成分

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovariousfood(s)/foodconstituent(s)andprotectionofcellsfromprematureageing(ID1668,1917,2515,2527,2530,2575,2580,2591,2620,3178,3179,3180,3181,4329,4415),antioxidantactivity,antioxidantcontentandantioxidantproperties(ID857,1306,2515,2527,2530,2575,2580,2591,2629,2728,4327,4365,4380,4390,4394,4455,4464,4507,4694,4705),protectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID1196,1211,1216,1306,1312,1440,1441,1666,1668,1692,1900,1914,1948,2023,2158,2517,2522,2527,2575,2591,2620,2637,2639,2663,2860,3079,3276,3564,3818,4324,4329,4351,4397,4416,4424,4507,4527,4528,4542,4611,4629,4659)andbioavailabilityofanthocyaninsinblackcurrants(ID4220)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1752.htm

□ 「健康なエイジング」や「細胞の加齢」といった単語は健康強調表示の定義に当てはまらない。

⇒ 抗酸化活性や抗酸化物質含量などが健康によいという根拠がない。


▼ナイアシンと疲労軽減、正常なエネルギー産生代謝への寄与、正常な精神機能への寄与、正常血流維持、正常な皮膚や粘膜の維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoniacinandreductionoftirednessandfatigue(ID47),contributiontonormalenergy-yieldingmetabolism(ID51),contributiontonormalpsychologicalfunctions(ID55),maintenanceofnormalbloodflow(ID211),andmaintenanceofnormalskinandmucousmembranes(ID4700)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1757.htm


○ 疲労軽減、正常なエネルギー産生代謝への寄与、正常な精神機能への寄与、正常な皮膚や粘膜の維持については既に評価されたまたは因果関係は確立されている。

□ 正常血流維持については過剰量のナイアシンの摂取を薦めており範囲外である。


▼ホスファチジルセリン

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtophosphatidylserine(ID552,711,734,1632,1927)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1749.htm

⇒ 植物由来ホスファチジルセリンと動物由来ホスファチジルセリンは違う物質で、それぞれの情報が十分記述されていない。


▼腎からの水排出増加に関する各種食品/食品成分

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovariousfood(s)/foodconstituent(s)claiminganincreaseinrenalwaterelimination,“kidneyshealth”,“urinaryhealth”,“bladderhealth”,“healthoflowerurinarytract”,“bloodhealth”,“elimination”,“urinarysystembenefits”and/or“supports/promotestheexcretoryfunctionofthekidney”,andtreatment/preventionofrenalgravel/kidneystonesandurinarytractinfectionspursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1742.htm

□ 脱水の可能性がある水分排出が生理的に良いことだという根拠がない。

□ 腎臓結石や尿路感染については疾患治療/予防に関連するもので範囲外である。


▼消化管の微生物の数を増やしたり病原性の可能性のある腸内細菌を減らしたりする各種食品/食品成分

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovariousfood(s)/foodconstituents(s)andincreasingnumbersofgastro-intestinalmicroorganisms(ID760,761,779,780,779,1905),anddecreasingpotentiallypathogenicgastro-intestinalmicroorganisms(ID760,761,779,780,779,1905)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1809.htm

□ 善玉菌が増えることが生理的によいことだという根拠がない。

□ 悪玉菌の種類の記述が不十分で、動物実験ではヒトでの食事による影響が予想できない。


▼カツオペプチドと正常血圧維持

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtobonitoproteinpeptideandmaintenanceofnormalbloodpressure(ID1716)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1730.htm


× 因果関係は確立されていない。


▼イソマルトオリゴサッカリドと食後血糖反応抑制、腸運動亢進

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoisomalto-oligosaccharidesandreductionofpost-prandialglycaemicresponses(ID798),andincreaseinthefrequencyofdailybowelmovements(ID800)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1801.htm

× 因果関係は確立されていない。


▼エネルギーやバイタリティ、若返りなどを主張する食品/食品成分

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovariousfood(s)/foodconstituent(s)and“energyandvitality”(ID18,26,62,105,122,145,165,3962,4054,4440),“invigorationofthebody”(ID2383,2386,2391,2393,2409,2441,2463,2488,3834,3883),“generalhealth”(ID1313,3348,4182,4613),“rejuvenation”(ID3981,4023),“tonic”(ID1703,3462,3581,4418),“stimulant”(ID3190,3506)and“metabolicbenefits”(ID4438)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1738.htm


□ 定義不十分


▼異物代謝や「排出」「クレンジング」「重金属排出」などを主張する食品/食品成分

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtovariousfood(s)/foodconstituent(s)claimingbiotransformationofxenobioticsubstances(ID1378,2388,2401,3900,3942,4039,4510,4513,4544,4628,4639),“elimination”,“cleansing”and“purification”(ID1347,4024,4442,4457),eliminationofheavymetals(ID1887,3156),andmaintenanceofnormalbowelfunction(ID4039)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1733.htm

□ 定義不十分あるいは根拠が提出されていない。


▼モリブデンと正常なアミノ酸代謝への寄与、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtomolybdenumandcontributiontonormalaminoacidmetabolism(ID313)andprotectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID341)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1745.htm

□ 正常なアミノ酸代謝への寄与については因果関係は確立されているがEUで不足により不全があるとの根拠はない。

× DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護については因果関係は確立されていない。


▼CoQ10と正常なエネルギーを産生する代謝への寄与、正常血圧維持、DNAやタンパク質や脂質の酸化的傷害からの保護、正常な認知機能への寄与、正常な血中コレステロール濃度維持、持久力増加

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtocoenzymeQ10andcontributiontonormalenergy-yieldingmetabolism(ID1508,1512,1720,1912,4668),maintenanceofnormalbloodpressure(ID1509,1721,1911),protectionofDNA,proteinsandlipidsfromoxidativedamage(ID1510),contributiontonormalcognitivefunction(ID1511),maintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID1721)andincreaseinendurancecapacityand/orenduranceperformance(ID1913)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1793.htm

× 全て因果関係は確立されていない。


▼LシステインとLメチオニン単独または混合での正常な毛髪・爪・皮膚の維持、正常なコラーゲン生成への寄与、正常なグルタチオン生成への寄与

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoLcysteineandLmethioninealoneorincombinationandmaintenanceofnormalhair(ID597,4224,4297,4685,4686),maintenanceofnormalnails(ID597,4224,4685),maintenanceofnormalskin(ID665,666,1916),contributiontonormalcollagenformation(ID4685)andcontributiontonormalglutathioneformation(ID1745)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1795.htm

× 全て因果関係は確立されていない。


▼LactobacillusparacaseiB21060と病原性の可能性のある腸内細菌の減少、正常な腸滞留時間維持、お腹の不調削減

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtoLactobacillusparacaseiB21060anddecreasingpotentiallypathogenicgastro-intestinalmicroorganisms(ID2959),maintenanceofanormalintestinaltransittime(ID2959)andreductionofgastro-intestinaldiscomfort(ID2959)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1804.htm

× 因果関係は確立されていない。


▼ラクツロースと病原性の可能性のある腸内細菌の減少、腸滞留時間削減

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtolactuloseanddecreasingpotentiallypathogenicgastro-intestinalmicroorganisms(ID806)andreductioninintestinaltransittime(ID807)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1806.htm

□ 腸滞留時間削減については因果関係が確立されている。

× 病原性の可能性のある腸内細菌の減少については因果関係は確立されていない。


▼小麦胚芽油と正常血圧維持、正常血中コレステロール濃度維持、正常空腹時血中トリグリセリド濃度維持、光傷害からの皮膚の保護、皮膚の保水維持、正常な骨の維持、正常な神経機能維持、正常な認知機能への寄与、正常な受胎能への寄与、月経痛緩和、細胞の早期加齢からの保護

ScientificOpiniononthesubstantiationofhealthclaimsrelatedtowheatgermoilandmaintenanceofnormalbloodpressure(ID1386),maintenanceofnormalbloodcholesterolconcentrations(ID599,2618),maintenanceofnormal(fasting)bloodconcentrationsoftriglycerides(ID2618),protectionoftheskinfromphoto-oxidative(UV-induced)damage(ID600),maintenanceofnormalskinhydration(ID600,1390),maintenanceofnormalbone(ID1389),contributiontonormalneurologicalfunction(ID1387),contributiontonormalcognitivefunction(ID1394),contributiontonormalfertility(ID1392),reliefofmenstrualpain(ID1395),“digestivesystem”(ID1388)andprotectionofcellsfromprematureaging(ID1393,2616)pursuanttoArticle13(1)ofRegulation(EC)No1924/2006

http://www.efsa.europa.eu/en/scdocs/scdoc/1762.htm

× 因果関係は確立されていない、または範囲外。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記