【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】せんvsすわん : お世話係
2018年06月21日 (木) | 編集 |
我が家にスウが来てから、ズーっと「お世話係」をしているのが、セン。
保護主さんから「とても良いコで、子猫の遊び相手をしたり、新入りさんの相手をしたり、本当に世話好きなんです」と聞いていましたが、予想以上の世話好きなんです。
スウが一人でゲージのある部屋に行って、リビングに帰ってこないと、様子を見に行くのがセンの良いところ。

 sen-suu@20180621urouro01.jpg

少し離れたところから、スウの様子を見守っているように思います。
コウメ相手だとプロレスごっこをして遊ぶのですが、スウとプロレスごっこをするのを見たことはありません。
激しく追いかけっこをするのが、日常茶飯事なのですが……各々と上手に距離を作っているのだと思います。

 sen-suu@20180621urouro02.jpg

そんなセンの視線を感じながら、窓際で時間を過ごすスウ。
100均グッズで作った飛び出し防止ネット越しに外を見ていたりするので、興味があるのか?と思うのですが、玄関の土間に出ることさえ嫌がるので、見ているだけで満足なのかもしれません。

 sen-suu@20180621urouro03.jpg

本当に全身がフサフサ。
この顔で、とても可愛い声で「ミャー!」と言うのが、たまらないんです。

 sen-suu@20180621urouro04.jpg

センもスウも、マーフィーが行くドッグランで出会って、我が家に来ることになったコで、不思議な縁で繋がったなあ~と思います。
基本的にドッグランが苦手だったマーフィーを、たまたま連れて行ったところ、他のワンコがいないこともあってドッグランを独占させていただき、その後も相性を考えながら、他のワンコが来ても一緒にならないように調整していただいたり……ということもあって、通っていて出会ったので、要素やタイミングが何か一つでも違っていたら、我が家に来ていなかったと思います。
そもそも保護されて、ニャン・カフェに出ることがなければ、出会ってさえいなかったコたち。
センとスウも、保護主さんのところにいた時期がズレていたので、一緒にいたことはないとのことですから、縁って不思議だなあ~と思います。
このコたちを見ていると、そんなことを色々と考えてしまいます。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!非常識な里親募集

詳しくは、しっぽを持った天使を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記