【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【整体日記】教える時
2018年10月06日 (土) | 編集 |
整体を学んで随分と時間が過ぎ、教えるようになりました。
最初に言うのが、キチンと技術を学んでほしいということです。

整体を教えた人に空手の後輩がいます。
最初に「整体を勉強したい」と言われた時に、「空手を教えるより3倍ぐらい厳しいよ」と話をしました。
理由は簡単で、何でもそうなのですが、「壊すより直す(治す)方が難しい」からです。
あの辺り……という感じで施術すると、良くするつもりが悪化させることもあります。

また教えるのは基本ということも伝えます。
身体を使うことは個性が出やすいのですが、教えるのも教わるのも基本形です。
基本形で身体の使い方、力の加減や方向、理屈(理論)を学んでおかないと、ちょっとしたことで大きな間違いにつながったりします。
その後に独自の形に変化していくのは仕方がないとしても、まずは基本形を身に付ける必要があるように思います。

そんなことを考えながら指導をすると、自然と口調も厳し(冷たくく)なってしまいます。
自分でも分かりますが、間違いなく空手や柔道を教えている時の方が、口調が優しいんです。
でも……キチンと身に付けてほしいと思うと……そうならざるを得ないように思っています。


 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記