【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道日記】柔道世界選手権2018 #02
2018年11月03日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

そして技。
これは多分、ルールと密接な関係があると思うのですが……。

ここ数年でルールが何度も変わっていて、見ていて本当に分かりやすくなったと思います。
以前あった「効果」がなくなり、「有効」もなくなりました。
要するに微妙な判定がなくなり、ある意味でスッキリしたとは思います。
ただ「分かりやすくなった」ことが「柔道らしさ」から離れてしまっているような気がします。

元々、『一本』は「相手を無力化できている」ということと「反撃されない状態であること」が前提です。
投げ技で分かりやすく言えば、漫画に出てくる背負い投げのように、自分の体勢は崩れないで、相手を宙に浮かせて、自分の足下に投げ落とす形になって、『一本』になるはずなのですが……。

以前のルールでは、「背を畳につく」「強さ」「速さ」が揃って『一本』になっていました。
その3つの要素の一つが不足すると『技あり』、二つ不足すると『有効』と言われていました(分かりにくかったのが『効果』です)。
これが分かりにくいということで、何度かルールの改正が行われて、今では『一本』と『技あり』だけになりました。

これが良かったのかどうか……。

 (続く)

 budo.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記