【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #04-08
2018年11月17日 (土) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

冷たいと感じる方もおられるでしょうが……。
統計を取るとその多くは標準偏差のグラフになります。
中央が高く、左右が低い山のような形です。
通常、「……した方が良い」とか「……は悪い」等の言い方をする場合、標準偏差の左右の端は冷たいようですが考慮されません。
それをしてしまうと全てが特例になってしまうので、何もできなくなるからです。
したがって一般的には、『大抵の場合、有効』もしくは『大抵の場合、無効』というのが考え方のベースになります。

ところが最近では、その特例にまで気を配らなければならなくなっています。
これが最悪の場合を想定しなければならない原因です。
医療機関を受診すると厳しいことを言われることが多いと思いますが、その辺りを頭に置きながら話を聞かなければならないと思います。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記