【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道日記】柔道世界選手権2018 #03
2018年12月01日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

今回のルール以前から言われていたのが、「相手の背中を付けばポイントになる」というルールの是非です。
現行ルールで気になるのは、何となく「相手を投げる」のではなく「転がしてポイントを取る」という試合運びになっているように思うことです。
確かに試合をすると、相手をキチンと投げるのは大変で、相当の実力差があるか、運が味方するか……でしか難しいのは事実です。
そうなると、試合時間が長引くのは必至で、多分、見ていて面白くない試合が増えるのだろうと思います。
と言うか……昔の大会のVTRを見る機会があると、今のようにスピーディーな試合でないことが多々あります。
でも駆け引きをしていたり……という意味では、深いなあ~と思ったりするのですが、面白みという意味では……。

一方で「待ち」の姿勢は『指導』になりますし、『指導』が3つで負けになるので、投げ技の判定方法は以前のものでも良いような気がします。

 (続く)

 budo.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記