【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】国保と健保 #06
2011年02月10日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

法律上の考え方は、前回のとおりです。
前回の最後で算出したものをそのまま各々の議会で決めれば、法律上は何の問題もなく、また医療費に対して不足額を出すことなく、国保を運営することができます
しかし、ここに議員の思惑が入ってきて、不公平を拡大させます。
わかりやすく書くと「票が減らないよう、住民に良い顔をするため」に『前回の最後で算出したもの(=法律で定められたもの)』より低い率または額で議決してしまいます。

これまで書いたとおり、国保には既に税金を投入して優遇されているのですから、それ以上の優遇措置について、これ以外の理由は考えられません。
もともと「どこかの一部を優遇する」と言うことは「他の者に不利益を与える」ことと同義です。
法律は、色々な状況を考えた上で多くの人が知恵を出して、より公平になるように(公平に近くなるように)と決められたものです。
また法律には「上位法優先の原則」がありますので、本来は条例は上位法の範囲内で定められなければならないものです。
したがって、どんな良いことを言おうとも、理論上は上記以外の理由には辿り着けません(その不足分を議員の財産で負担するのであれば話は別ですが)。

※これによる不足部分も税金で埋めることになります。

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【医療】国保と健保 #05
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記