【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【囲碁】囲碁と将棋 #01-03
2019年03月02日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

囲碁を打っていると、前回の例の後者の状態(取られているものの盤上に残っている状態)が多いです。
これがどういうことかと言うと……「取られた石がそのまま盤面に残っている」ことであり、失敗した場面を見続けながら進行させるということです。
これは……ツライですね……。
終局まで、失敗したものを見ながら打つことになりますから……。

ただ間違えた場面が残るというのは、失敗を引きずりやすいのですが、逆に失敗したモノを利用して局面を動かしていくこともできます。
所謂「捨て石」にして利用するという考え方です。
「どうやっても取られているなら、被害を最小限にしながら、それらを上手く使って(捨てて/取ってもらって)少しでも有利な状態に導こう」という考え方です。
将棋では駒を捨てると盤面からなくなりますが、囲碁では取られた状態で盤上に存在するという状態が多々出現し、その状態が継続しますから有効利用できます。

将棋でも「捨て駒」という方法がありますが、これは取らせることで相手の形を崩すために「わざと取られるところに駒を置く」というもので、失敗したものを利用するという考え方とは違うものです(囲碁でも同じような考え方で「捨て石」をすることもあります)。

こういう考え方は、社会の色々なところで応用できるものなので、それをゲームの中で学ぶことができるというのが、囲碁や将棋の良いところだと思います。

 (続く)

 goban.jpg

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記