【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】改元 #01
2019年01月12日 (土) | 編集 |
改元のスケジュールが決まって以降、色々なことが「平成最後の○○」になりました。
今年の正月も「平成最後の正月」ですし……。

さて……今年度が終わり、新年度が始まると、改元作業が本格化します。
これに併せて、元号で表記していたものを西暦表記に変えるような動きが加速しそうな感じなのですが……。
中には、何でも西暦で……という話もあります。

でも個人的には元号って良いものだと思っています。
理由は、「どういう時代だったのか?」と時代が分かりやすいこと。
その切り取り方に賛否あるでしょうし、色付けにも色々あるでしょうが、それが出来るのは『切り分けられているから』です。

元々、大きな集合体を分離するのは難しいものです。
逆に分離しされているものをアル傾向によってまとめていくのは、割と容易にできます。
これはデータを取り扱う時の基本でもあるのですが……。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記