【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Diary】修繕(お手入れ)
2018年12月16日 (日) | 編集 |
この週末、稽古着の修繕をしました。
いくら丈夫にできていても、やはり使っていると痛んでくるのは仕方がないこと。
こんな風にところどころ生地が擦り減ってきていました。

 pic@20181216-003.jpg

新しい稽古着を購入しても良かったのですが、まだまだ使えそうなので、とりあえず修繕することにしました。
貧乏性だなあ~と思いますが、勿体無いので……。

ということで、購入したのがコレ。

 pic@20181216-002.jpg

稽古着の修繕用ではなく、あくまでもスポーツのユニフォームの修繕用ですが、普通の生地よりは強いのでは……と思い、購入しました。
アイロンで接着するタイプなのですが、動いている間に剥がれて来るのは想定内なので、久しぶりにミシンを使って接着の強度を上げました。

 pic@20181216-001.jpg

私の実家は、亡くなった祖母が着物屋さんから反物を預かり、和服に仕上げていて(もちろん手縫いです)、それを小さい頃から見たり教わったりしていたので、大抵のことは手でチョコチョコ縫って直していますが、さすがに稽古着は生地が厚くて大変なので、ミシンを使うことにしました。

これは空手の稽古着の上。

 pic@20181216-004.jpg
  (左が裏から撮ったもの、右が表から撮ったものです。)

これは柔道の稽古着の下。

 pic@20181216-005.jpg
  (同じく左が裏から撮ったもの、右が表から撮ったものです。)

アイロンで接着してから、ミシンで周りをグルリと、そして対角線状に十字に縫っておきました。
とりあえず着てみて動いてみましたが、良い感じです。
次回の稽古で使ってみて、さらに補強するか?を考えようと思います。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記