【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】改元 #02
2019年02月09日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

そんなことを書くと「そうであれば1990年代、2000年代、2010年代……と10年毎に切り分けて考えれば良い」と言われます。
それはそれで正しいと思います。

ただ元号には、前の時代を顧みて、次の時代に望むことを文字化するという面があります。
日本には「言霊」という考え方があり、一般的に言葉に宿ると信じられてきました。

「言霊」と言うと大袈裟に聞こえますが、目標を言葉にすることが実現への近道と言われます。
それは、言語化するとその手法をブレークダウンして行きやすくなりますから、漠然と考えるよりベターな方法です。

そう考えると元号はあった方が良いように思います。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記