【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道】身体の使い方 #04-05 背中を使う
2019年09月21日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

前回の最後に「この身体の使い方のメリットは、小さな力で効率よく技を仕掛けるということだけではありません」と書きました。
どういうことかというと……相手に接している手で方向を作らず、身体で方向を作っていくと、相手は上手く反応することができないということが発生します。
例えば相手を押したい時、手を引くように使いながら身体で押すと思っているより簡単に押すことができます。
これは接しているところから伝わる情報と実際の方向が異なることで発生するものです。

柔道で言えば……手の動き(力の方向)で考えると……例えば「相手を引きながら大外刈りを掛ける」とか「相手を押しながら背負い投げを掛ける」とか……ということです。
実際にはこれらの技を掛ける時には、
 「手は相手を引くような感じにして、腕で距離をコントロールしながら、背中で方向を作って大外刈りを掛ける」
 「手は相手を押すような感じにして、腕で距離をコントロールしながら、背中で方向を作って背負い投げを掛ける」
とかなので、背中(肩胛骨)の運動がキーになります。

肩胛骨がキーになると言うことは、肘の位置が大切になりますし、掌の向きも重要な要素になります。



【注①】
 ※参考:【武道】身体の使い方 #04-01 背中を使う

【参考】
 ※参考:【武道】身体の使い方 #04-01 背中を使う
 ※参考:【武道】身体の使い方 #04-02 背中を使う
 ※参考:【武道】身体の使い方 #04-03 背中を使う
 ※参考:【武道】身体の使い方 #04-04 背中を使う

 budo.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記