【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】大阪都構想 #03
2019年10月05日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

ただ二重行政は悪いことばかりではありません。
チェック機関が一つ多いとも言えます。
多くの人口を抱える以上、発生する事案も増えるでしょうから、チェックする種類も量も増えるのは当然です。
政令指定都市にそれらに対応できるだけのマンパワー(質・量ともに)があれば良いのですが、組織が大きくなったからと言って、それが担保されているわけではありません。
色々な面で、あくまでも政令指定都市は都道府県の一部として取り扱うのであれば、東京都のあり方を変えるべきでしょうし、そうでないのであれば政令指定都市は全て、あり方を東京都方式に変えるべきでしょう。
どこかだけ特別扱いというのは、そもそも行政のあり方として歪(いびつ)です。
政令指定都市という制度を作っている以上、それを一元的に運営するべきだと思います。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記