【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】韓国の「ホワイト国」からの除外
2019年08月03日 (土) | 編集 |
あまり政治ネタを書きたくないのですが、何だかなあ~と思うことが重なっているので、久しぶりに……。

政府は安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定しました。
これについては、少し前からニュースになっており、カウントダウンが始まっていましたし、ようやく「なあなあ」な状態から卒業する一歩を踏み出したかと思いました。
今の日韓関係では、この措置は当然だろうと思います。
そもそも「ホワイト国(「グループA」に改称)」は、キャッチオール規制(日本の安全保障の観点に立った貿易管理の取組において行われている輸出規制方式の一つ)を免除される国を指します。
国にとって安全保障は大きなウエイトを占める政策ですから、まず信頼関係がなければ対象にできるはずはありません。

韓国は「不可逆的」としていた国同士の約束を引っくり返したのですから、この措置は当然と言えば当然です。
と言うか……これまでの関係をみていると、今まで我慢していたのが不思議に思います。

これに対して韓国は、あれこれ言ってきているようですが、「ホワイト国」の決定は双方の合意によるものではありません。
今回の件では、日本が自国の都合で決めれば良いことです。
それについて口出しをするのは、内政干渉になりかねない行為です。

ご近所さんなので、友好関係を構築することは重要ですが、状況を考えると政府の決断は正しかったと思います。
ここからどう動いていくのか?
その舵取りが政府の腕の見せ所になると思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記