【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】大阪都構想 #04
2019年11月02日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

そういう意味では「大阪都構想が本当に良いことなのかどうか?」について、国が政令指定都市のあり方を整理した上で判断するべきではないか?と思います。
まあ……本来は、日本全国で市町村の区分けが大きく変わった「平成の大合併」を進める時点で、国として整理しておかなければならなかったことなのでしょうが……。
東京都という特別な制度の上にある存在があることは分かっていましたし、政令指定都市が全国に存在することも分かっていました。

何でも同じですが、考え方を整理する時に必要になるのは「部分の総和は、全体にならない」という視点です。
全体をどう整理するか、それは「どのようなルールで切り分けるか」ということです。
その切り分けが上手く機能していない=制度設計そのものが間違っているということに他なりません。

まあ……大阪都構想をキッカケに、国としてそのような議論が起きると良いのですが……。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記