【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】病院の再編 #02
2019年10月26日 (土) | 編集 |
前回、こんなことを書きました。

そうなると夕張市のように財政破綻してしまう可能性が出てきますし、それを立て直すために、また税金を投入しなければならなくなります。

各々の病院には各々に言い分はあるのでしょうが、それを国全体として是認できない(国がもたない)という判断の結果が、今回の公表なのだと思います。


税収と言うパイは限られていますから、どこかに投入額を増やせば、他が減ってしまうのは当然のことです。
それは、
 ・医療費に多くの税金を投入すれば、他の支出を減らすことになる。
 ・どこかの自治体への税金の投入を増やせば、他の自治体への支出を減らすことになる。
ということです。
これを国として認めることができるのか???
どこまでであれば国として認めることができるのか???
そういうことなのだろうと思います。

多分、今回の公表に対する動きが早々に進んでいくとは、国は考えていないだろうと思います。
ただ、そろそろ国民が、「何(どこ)に税金を使うのか?」を真面目に考える時期になっている(そうでなければ少子高齢化社会を支えることができない)と考え、一石を投じたのだろうと……。
これから二の矢・三の矢が飛んでくるだろうと……。
何だか歳を取るのが不安だなあ~と思います。

(続く)

 medical(S).jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記