【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【インフル】インフルエンザ情報 2020 #03
2020年03月07日 (土) | 編集 |
前回の冒頭を再掲します。

連日、新型コロナウイルス関連の報道が続いている中で、インフルエンザの記事を書くのは、インフルエンザが軽視されているように思うからです。
実際問題として、新型コロナウイルス関連の死者は千人単位ですが、インフルエンザ関連の死者は万人単位になっています(※注)
しかも新型コロナウイルスに対する治療法は見つかっておらず、インフルエンザに対する治療法は存在しているにも関わらず……です。
どちらも既往症があったり、高齢だったりすると危険なことには変わりはありませんが、報道されるのは新型コロナウイルス関連ばかり。
それで良いのか?と思います。


前回の続きです。

続いてうがいですが、こちらもあまり効果は期待できません。
私が幼少の頃は、帰宅したらうがいをするように言われていましたが……。

ウイルスの分裂速度は速く、例えばインフルエンザウイルスの場合、1個のウイルスが体内に入ると8時間後に100個、16時間後には1万個、24時間後には100万個に分裂して増殖します。
また喉の粘膜についたインフルエンザウイルスは、わずか数分で体内に侵入してしまいます。
ウイルスが体内に入る場合、1個ということはなく、それらが体内に入ったり、増殖する前に排出しようとすれば、5分に1度程度うがいをしなければならないと言われています。
これが無理な話だと分からない人はいないでしょう。
ですから私が幼少の頃に言われていたような「帰宅したらうがいをする」ということに大きな予防効果は期待できません。
まあ……帰宅する直前に感染したというのであれば、話は別ですが。

なおウイルスは湿気を嫌いますから、喉を潤すという意味では、うがいの効果はあります(うがいでなくても水分をこまめに補給しても同じですが)。

 (続く)

 helth(S).jpg

(※注)
ただし、このインフルエンザによる死者の中に新型コロナウイルスによるものが含まれると考えられるようになり、アメリカではインフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をするとの方針を示しました。

▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
▼▼▼関連記事▼▼▼
 2020/03/06:インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)
 2020/03/06:インフルエンザ流行レベルマップ 第9週(3/6更新)
 2020/02/28:抗インフルエンザ薬耐性株サーベイランス 2020年02月28日
 2020/02/28:インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)
 2020/02/28:インフルエンザ流行レベルマップ 第8週(2/28更新)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記