【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】新型コロナウイルスの感染拡大に伴う学校の臨時休校について
2020年03月21日 (土) | 編集 |
※これは私が所属する協会用に書いたものの転載(一部、加筆・修正しています)です。

整体をしていると、最近、多いのが新型コロナウイルスの話題。
詳しいことはお医者さんに聞いて……と言うのですが、そもそも報道番組に出ている医師の言うことがバラバラなので、どれ(誰)を信じたら良いのか?分からない状況になっています。
そんな状態ですから、いつも言うのが「私は○○と思うけど、情報を抑えて判断して」ということです。

ということで、色々な面で大きな話題になった学校の臨時休校についてです。

政府の要請を受け、全国で今週から新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるべく、各自治体は学校を臨時休校にしました。
空気感染を除けば、感染症の拡大(拡散)を防ぐ対策として最も有効な方法が外出しないということで、次が人と人が会わないようにすることです。
全てにおいて、これを実施することは不可能でしょうが、学校を臨時休校にするというのは、一つの手段だろうと思います。
学校の臨時休校については、色々と批判も出ましたが、大人の動きを全体的に制限することは経済的な損失が大きい(社会全体のダメージが大きい→大人も子供もダメージを負う)ことから、この選択になったのではないか?と思います。
最善かどうかは議論があるとしても、マクロな方向性としては間違っていなかったように思います。

問題になっている新型コロナウイルスによる感染については、(現時点で分かっている範囲では)子供のリスクは大きくありません。
また喘息等の既往症がない若年層も、感染リスクは低いとされています。
これらを裏返して考えると、感染しても症状が出にくいということになります。
つまり若年層(子供を含む)については、症状は無くても感染している可能性はあると考えておいた方が良いのかもしれません。

となると問題になるのは、若年層(子供を含む)と高齢者の接触です。
本来、ここを制限しなければ、感染リスクを抑えることはできないと思いますが、これが難しい……。

今回、政府が臨時休校の要請をしたことについては、賛否あるでしょうが、「できることをして、感染拡大を抑えよう」ということでしょうから、それなりに評価すべきことだと思います。
ただ……学校を休校にしたものの、保育園や幼稚園、学童は継続したのは、今でも理解できませんが……(結果的には感染の大拡大にならなくて良かったと思います)。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記