【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Diary】年賀状から
2011年02月03日 (木) | 編集 |
旧正月です。
あけましておめでとうございます。

……ということで……柔道教室の子どもたちへ宛てた今年の年賀状に書いた内容をupします。

年賀状から
 練習(勉強も同じです)は『できること』を増やすためのもので、それは自分の可能性を拡げるということです。
 もともと「できない」と「しない」は別ものです。
 「できない」言ってしなければ、いつまでもできないままですし、できるようになるためには自分がやるしか方法はありません。
 「できない」と言って自分で限界を作らないように、どんどん可能性を拡げていきましょう。



これが柔道教室の子どもたちへ宛てた今年の年賀状に書いた内容です。
小学生(特に低学年)には難しい内容なのかもしれません。
でも伝えておかなければならないことと思っています。

子どもたちが持っている一番大きなものは、可能性です
可能性は、宝石と同じで磨かなければ「ただの石ころ」で終わってしまいます。
宝石と異なるのは、自分で磨かなければならないというところです。
そういう意味では、我々は砥石みたいな存在だろうと思います。

柔道教室に通う子どもたちが、どうすれば自身の可能性を磨こうと思い、行動するのか……今年も一年悩みなから道場に行こうと思います。

それと同時に私自身の可能性ももっと磨かなければ……と思っています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記